[ #新しいiPad ]新しいiPadの売りは画面の綺麗さ。でも全てのアプリがRetinaディスプレイ対応になるのはもうちょっと先?!

[ #新しいiPad ]新しいiPadの売りは画面の綺麗さ。でも全てのアプリがRetinaディスプレイ対応になるのはもうちょっと先?!  1

新しいiPadが発売されました。触った人は画面の美しさをにやられてしまったみたいですね。これで、普段使っているアプリが超綺麗に見られるようになる...わけではないようです。Instapaperの親 MarcoAmatの言い分では、Retinaディスプレイを想定したアプリが標準化するには時間がかかる、という事です。

Armentはここ何ヶ月かInstapaperのデータの解像度を2倍にして配信していました。そうしたら、新しいiPadの画面が出た時に、自動的に高解像度の画像が見れるだろうと考えていたのです。が、しかしそうではありませんでした。

僕も昨日知ったのだけど、先週Appleがリリースしたアプリ開発者ツールを使って作られたアプリでないとRetina水準のグラフィックは表示されないらしいんだ。

アプリはAppleの承認プロセスに回すことになるので、どんなに頑張っても新しいiPadの発売日にRetina対応のInstapaperを提供するのは不可能だとか。早くても発売日の1週間後になるということだったので、Armetはもう少し時間をかけてinstapaperをフルアップデートすることに決めたそうです。

もちろん、このニュースはAppleの画面の素晴らしさを損なうものではありません。Evernote、Twitter、the NY Times、The Daily Kindle、Wordpress、Infinity Blade ⅡなんかはRetina対応しています。ただあなたのお気に入りのアプリがまだRetina対応していなかったらこんな理由かもよ、ということです。

[Marco Arment]

Kyle Wagner(原文/mio)