二酸化炭素はデブのもと?

二酸化炭素はデブのもと? 1

どうりですぐ太ると思った。

ダイエット、この道を極めようとする研究は果てしないものです。アレがやせる、コレが太る。あーだこーだと何十年も、そしてこれからさらに何百年も続いていくのでしょう。そんな険しい道に新たな説が。なんと二酸化炭素が太る原因だ、と。二酸化炭素を吐き出す量が多ければ多いほどデブる、と。

デンマークの学者ラース=ゲオルグ・ヘルソージュ(Lars-Georg Hersoug)氏が提唱する説は、オレキシンという脳内のホルモンは二酸化炭素に影響を受けるというもの。このオレキシンは、エネルギー燃焼や食物をどれだけ体内に取り込むかを左右します。二酸化炭素がオレキシンに影響を与え、メタボリズムさえも変えてしまうのならば、太る太らないに関わってくるだろう、ということです。

さらに、彼の説を裏付ける証拠も。米国内の肥満者の数は1986年から2010年の間、東海岸がトップ。そして、その時期は二酸化炭素の濃度も東海岸がトップでした。さらに、二酸化炭素を吸い込むと、我々の血液はより酸性化し、それがどうやらオレキシンと関係があるようだというのです。

肥満が社会問題として取り上げられる国では、どんな小さな可能性でもそれを研究することには大きな意味があります。デンマーク肥満研究センター長のソルキルド・シャールンセン(Thorkild I. A. Sørensen)氏も、興味深い説として注目しています。しかし、同時に我々皆が呼吸をする中、同じ空気を吸っている中、肥満問題は不規則に様々な場所や時で起きていることから、ヘルソージュ氏の説はまだ十分ではないとも発言しています。

今この瞬間も吐き出している二酸化炭素が原因で太っているのだとしたら...。呼吸を浅くしながら、唐揚げ食べることにします

[Science Nordic]

Image: Shutterstock

そうこ(JAMIE CONDLIFFE 米版