史上最大の飛行船に隠された驚異のエンジニアリング

史上最大の飛行船に隠された驚異のエンジニアリング 1

航空工学において最も記憶に残る機体といえば、ツェッペリン飛行船。といっても今日は事故の話ではなく、なんと全長200メートルを超える巨大な飛行船が20世紀初頭に開発されていたという事実を振り返ってみたいと思います。

200メートル超といえば、ボーイング747の約3倍。なんだか大きすぎてピンとこないサイズですね。東京なら六本木ヒルズと同じくらい、名古屋なら名古屋ルーセントタワーよりさらに大きく、大阪なら通天閣の約2倍といえばもう少しイメージしやすいでしょうか?

1920年代の建造中写真がOobjectsに何枚か掲載されているのですが、当時の技術レベルを思うと、その姿は荘厳そのもの。畏敬の念すら感じずにはいられません。

飛行船に架けられた巨大な消防はしごのてっぺんで作業するスタッフ、ヒンデンブルク号(全長245メートル)のフレームワーク、グラーフ・ツェッペリン(全長235メートル)の骨格、レイクハースト海軍航空基地で建造された海軍飛行船ZR-1(全長207メートル)、カーディントンの英国飛行船工場で建造中のR 101船体など...どれも見ごたえのある写真ばかりですよ。

120222zep02120222zep03120222zep04120222zep05120222zep06120222zep07120222zep08120222zep09120222zep10120222zep11120222zep12120222zep13

Oobjectには、ツェッペリン飛行船格納ハンガー、航空機製造工場、そしてちょっと個性的な気球写真なんかも掲載されているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

[Oobject]

David Galbraith(Rumi)