赤毛の人はより痛みに強いことが判明

赤毛の人はより痛みに強いことが判明 1

いて、いてててて。いててって。痛いってば。いーたーい。いてーよ!

...赤毛の人はもっと我慢できるんですよ。

赤毛の人はそうでない人よりも痛みに強い、と研究でわかったそうです。痛みに強いということは、辛い食べ物もへっちゃらということ。実験では、被験者の腕にとうがらし成分を注入。研究者の1人であるラース·アーレント·ニールセン教授(Lars Arendt-Nielsen)曰く、赤毛の被験者は他の人よりも特定の痛みに鈍く、どうやら体を守る力が強いようだという結果がでました。

痛みに強い理由が何故かはわかっていません。が、赤毛DNAには痛みへの耐性も組み込まれているのではないか、とさらなる研究が続きます。外見にある色を出すDNAですから、色と連動して何か違う特性を持っている可能性は十分にあるわけで。

それにしても、赤毛=辛いの平気なんてピッタリですね。

[Science Nordic]

Image: PhotoCo

そうこ(JAMIE CONDLIFFE 米版