秋葉原駅前を照らし続けてきたラジオ会館のネオン管がオブジェに

秋葉原駅前を照らし続けてきたラジオ会館のネオン管がオブジェに 1

Bit-INNのころからお世話になりました。

解体が進む秋葉原のラジオ会館。そろそろ更地になって、他の建物が建って、人々の心から忘れ去られていくのかなと思いきや、ラジオ会館オンラインから気になるオブジェが登場しますよ。

その名も「【ラジオ会館】ネオン管看板記念オブジェ」。駅側の入口に掲げられていた看板に使われていたネオン管のオブジェです。

「鉄道の車両解体部品かよ!」とツッコミたくなる逸品。100台限定で、100注文集まらなければ企画自体がポシャるというところにもスナップの効いた裏拳をキメたくなります。面白すぎる。

お値段は1万5000円。TK-80時代に行った人も、マイコンセンターRAMで黒い5インチドライブやAppleIIを買った人も、トモカ電気でプロオーディオのカッコよさに目覚めちゃった人も、海洋堂でもやしもんのガチャガチャを回しまくった人も、ぜひぜひどうぞ。

限定100台!!【ラジオ会館】ネオン管看板記念オブジェ[外神田商店]

(武者良太)