クウェート、表彰式でカザフスタン国歌と間違えて「ボラット」の卑猥なパロディ国歌を流す(動画)

 

アメリカ人の表彰式で「America, Fuck Yeah」が流れるようなものか...。

 

クウェートで今月開かれたアラブ射撃選手権の表彰式でカザフスタン国歌のかわりに映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』の替え歌が堂々と通しで流れ、「カザフスタン国歌とパロディの区別もつかんのか!」と世界を呆れさせています。

問題の替え歌は、金メダルを射止めたカザフスタン代表マリア・ドミトリエンコ選手が厳粛な面持ちで表彰台に立ち、国旗掲揚のときに流れました。

因みにこっちが本物。

 

全然違います、うん...。

米映画『Borat(ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習)』はカザフスタンを人種差別国歌として描くモキュメンタリー(モッキング×ドキュメンタリー=実録風コメディ)です。ボラット扮する主演はサシャ・バロン・コーエン。

映画も映画なら、替え歌の中身も中身でございまして、例えば「カザフスタン娼婦はあの辺りでは一番清潔」(0:18-)だとか、睾丸がどうこう、ゴミ処理効率80%で自慢してるとか、イスラエルを「Jewtown」と呼んでみたりの、しょうもない内容。

それが何故こんな晴れ舞台に?

どうやら大会主催者がネットから間違えてダウンロードしちゃったようなのですね...。カザフからの厳重抗議を受け、翌日もいっかい表彰式をやり直しましたよ。

終始冷静さを崩さないマリア・ドミトリエンコ選手のナイスっぷりに、金メダル。

[The Daily What]

関連:「ボラット」のパロディ国歌が流れて大問題 中東の競技大会表彰式で (映画.com)CNN.co.jp:カザフ選手の表彰に誤ってパロディー国歌、ネットから入手

CASEY CHAN(原文/satomi)