不幸なことに、豆に殺されてしまった男性。

不幸なことに、豆に殺されてしまった男性。 1

をあなどってはいけません。たかがお豆さんであっても、大量に集まれば人を殺すこともあるのです。

Raymond Segura Jrさんは先日、20フィートの高さの豆の山に埋もれて、亡くなりました。享年56歳でした。事故はコロラド州にあるKelley Bean Companyの商品保管庫で起こり、消防隊はSeguraさんを助けるために、懸命に豆をどけましたが、その作業には何時間もかかったそうです。「何トンもの豆をどかしたよ」と救助に当たったDave MartinさんはReutersの取材に答えています。事故の詳しい原因は現在調査中です。

本当、人生何が起こるかわかりませんね。ご冥福をお祈りします。

[Reuters via MSNBC]

Image: O.Bellini / Shutterstock

ANDREW TARANTOLA (原文/mio)