高すぎる燃油サーチャージともお別れ...世界一エコで低燃費な天然ガス利用の最新飛行機が開発中!

高すぎる燃油サーチャージともお別れ...世界一エコで低燃費な天然ガス利用の最新飛行機が開発中! 1

地球環境に最も優しい飛行機へ!

空の旅で悩みの種は、実は大量に消費される航空機燃料の問題がありまして、なんとかもっとエコで低燃費な飛行機を完成させられないだろうかと各社とも多大の努力を研究開発に傾けているそうですが、そんな現状を大きく打開してくれそうな最新機「SUGAR Freeze」のプロジェクトボーイングから発表されましたよ。

SUGAR Freezeは、液化天然ガス(LNG)を燃料に採用し、燃料電池システムとのハイブリッド構造を持たせることで、ボーイング737-800型機と比較して消費燃料を最大64%カットすることも可能とされています。とりわけ航空機が飛行中に排出する二酸化炭素の量が大幅に抑えられ、将来的に飛行機のスタンダードデザインに採用されれば、安くてクリーンな空の旅を実現する救世主となることへの期待まで表明されているんだとか。

とはいえ、まだ現段階では安全性の分野などでクリアしなければならない課題も山積みでして、実用化には30年ほどの時を要するとの見通しも示されていますね。それまではまだまだ高い燃油サーチャージに悩まされる時代とはお別れできそうにありませんかね...

Dvice via Engadget

Adrian Covert(米版/湯木進悟)