家庭での津波対策の切り札! 驚異の浮力を実現した「フローティングプロテクター」が安心

家庭での津波対策の切り札! 驚異の浮力を実現した「フローティングプロテクター」が安心 1

もはや空中浮遊しそうなレベル。

救命胴衣の安全基準で決まっている浮力は7.5kgほどですが、この「フローティングプロテクター」はなんと4倍以上の32kgを実現。浮かぶっていうより、水面から飛び出てしまうほど。でもこれが過剰かというとそんなことはありません。普通の救命胴衣は平常時に海、川に落水時を想定、頭が水面から出る程度の浮力しかありません。津波の場合荒波濁流に押し流され、しかも巻き上げられた泥ガレキで水の中は真っ黒、そんなときふつうの浮力じゃ力不足です。

この「フローティングプロテクター」なら腰から上が持ち上がるのでちょっとそっとの波では水をかぶりません。水が怖い方、女性や子供でも安心、津波といった過酷な環境でも機能しますよ。それに両手が水面に出るので自由度も高いです。耐衝撃性のある硬質ウレタン製なので漂流物から首、胴体を保護。津波がくるかもしれない沿岸部のご家庭であれば一家に人数分あってもいいはず。

唯一の問題は多少かさばるところでしょうか。とはいえ安全安心には代えられないので、床の間に飾る武者甲冑の代わりにフローティングプロテクターを置いておきたいですね。

120305_floating008120305_floating003120305_floating004120305_floating006

※記事を訂正致しました。ご指摘ありがとうございます。

フローティングプロテクター

(野間恒毅)