中国で新種のヒト見つかる(再現図追記あり)

中国で新種のヒト見つかる(再現図追記あり) 1

3億年前の森に続き、今度は新種の人類の化石ですってよ! どうなっちゃってんでしょうね、中国!

と言っても元々は1979年に中国広西チワン族自治区で出土した化石なのですが、やっと重い腰をあげて初めて徹底調査を行なってみたところ、な~んと以下のような尋常ならざる特徴をもつ種であることがわかったのです。

・骨が太い

・おでこの突起が超目立つ

・背がとても低い

・顔がノッペリ平ら

・人間特有のアゴがない

「つまり、人間の進化の系統樹のどの種とも解剖学的に違うのだ」

と、研究員ダレン・カーノー(Darren Curnoe)氏はニュー・サイエンティストに語っています。ひぇ~。

 

 

しかもこれだけの違いがあるにも関わらず、この新種、やることは他の人類といろんな面で似てるんですね。発見の詳細はPLoS Oneに載ってるのですが、例えば、洞穴の中で大きな鹿を調理した痕跡も見つかっており、類人猿とは明らかに違うわけですよ。この新種が我々の系統樹にどう収まるのか、もっと細かい情報が欲しいところですが、ディテールには若干曖昧なところも...。

ひとつ仮説として考えられるのは、我々の種と並行して進化した進化系統なのではないか、ということですね。ネアンデルタール人のように。あとひとつ言われているのは、シベリアに生息したデニソヴァン(Denisovan)人の子孫ではないか、という説。

DNA検査をやればその辺の答えがわかり、我々と実際どれぐらい近い関係なのかも解明するやもしれませんね。

UPDATE: BBCに再現図ありました。英語の呼び名は「Red Deer Cave people」、1万1500年前に存在したようです。見るからに弱キャラな感じですね...。

中国で新種のヒト見つかる(再現図追記あり) 2

[PLoS One and New Scientist; Image: Darren Curnoe]関連?:現生人類の祖先は「交雑」通じ免疫力高める「ホビット」はヒトの新種、米英の研究者が論文で指摘

JAMIE CONDLIFFE(原文/satomi)