バーから背広姿の男4人がパラシュートで食い逃げ(豪)

バーから背広姿の男4人がパラシュートで食い逃げ(豪) 1

56階建て高層ビルの55階のバーでカクテルを飲み干したビジネススーツの男4人が支払いもせずにパラシュートで逃走し、警察で現在行方を追っています(たぶん)。

現場は高さ823フィート(251m)のリアルトタワーズ(Rialto Towers)。屋根まで含めると南半球で一番高いビルで、メルボルン市街の絶景が一望できる、まさにベースジャンプには絶好のロケーション。

男4人は予め入念に計画して犯行に及んだものらしく、背広の下にパラシュートを隠し、ヘルメットカメラをスーツケースに忍ばせて入店、道には逃走用の車も待たせていました。

飲み逃げされた高級レストラン「Vue de monde」のオーナーのシャノン・ベネット(Shannon Bennett)さんはこう話しています。

「男4人が上着の下にパラシュート隠して上の階にきて... バーで飲み物をオーダーし、ひとりがトイレに立つと残りの3人も続いて、あとは直接バルコニーに出てそのまんま飛び降りですよ」

驚いたのはレストランの他の客たちです。みんなてっきり自殺だと思って店内は一時騒然となったようですよ。そりゃそうだ、Mac1985年のスーパーボウルCM「Lemmings」みたいですもんね。

 

 

バーから背広姿の男4人がパラシュートで食い逃げ(豪) 2

オーナーは「そのうちヘッドマウントカメラの映像がYouTubeに出て、足がつくのではないか」と話してます。まだ支払いは諦めてませんよ~はい~。

因みにオーダーしたのはジンベースのネグローニ(Negroni)、1杯14英ポンド(1850円)。

[News.com.au, The Sun]

CASEY CHAN(原文/satomi)