60年代、70年代のコマーシャルがGoogleの力で最新デジタル版に生まれ変わった! 世界中にコーラを送ろう(動画)

あのクラシックCMをデジタル世代の君に。

プロジェクトRe: Briefは、Googleが4つの企業と共に行っているプロジェクト。60年代・70年代の昔懐かしのコマーシャルを最新技術で生まれ変わらせる、というもの。コカコーラの場合はこんな感じに。当時のコマーシャルに「誰かにコーラを送る!」というバナーが追加されており、それをクリックするとまだ会ったこともない「誰か」へ、コーラを1本プレゼントすることができるのです。

コーラの送り先は、世界中に設置された特別仕様の自動販売機から選ぶことができます。送るコーラにはカスタマイズでメッセージをいれることができます。メッセージは送り先の自販機がどこにあるかによって、Google翻訳で現地の言葉に翻訳されます。iOS又はAndroid端末から無料のコーラをプレゼントし、そのコーラが現地の自販機へと届けられる様子をGoogle Street Viewとグラフィックのミックス映像で見ることができます。さらに、偶然コーラのプレゼントを受け取った人は、送り主にメッセージや動画を送ることができるのです。

ソーシャル広告の中でも、これはかなり大掛かりですね。あの時のCMを現代に蘇らせ、まだ見ぬ誰かをコーラ1本で驚かせ喜ばせることができる。テクノロジーの進歩って偉大です。

[Project Re:Brief via Reddit]

そうこ(MAT HONAN 米版