違いがわかる男の、AKGノイズキャンセリングヘッドホン

違いがわかる男の、AKGノイズキャンセリングヘッドホン 1

しかも2モデル。選べます。

渋みがありつつも存在感の強いサウンドAKGヘッドホン。新型機として、ノイズキャンセリングシステムを持った「K495NC」と「K490NC」の2モデルがラインナップされましたよ。

両方とも聞いてきましたが、特に「K495NC」がいいですねー。集音マイクがドライバーユニットの内側にあるため、極力耳に近い位置でノイズをキャッチ。再生音に影響を与えないようにしてノイズ成分を効率よくカットしてくれます。

その結果、NC機能をOFFにしても音質があまりかわらない。つまりAKGヘッドホン本来のサウンドを、ノイズレスで楽しめちゃいます。これは気持ちいいわー。耳あたりのいいイヤーパッドや、絶妙な側圧で快適度も高し。飛行機や新幹線移動のお供にぴったりです。

もちろん「K490NC」も悪くありません。地下鉄での移動が多い僕が個人的に買うならコンパクトなこっちかも。マイクがハウジング外部に組み込まれたスタンダードな作りのノイズキャンセリングヘッドホンですけど、コイツも長らくレコーディングエンジニアから評価されているAKGならではの音なんですよね。

小さ目なオンイヤー型ヘッドホンのブームを作ったK404やK414Pの扱いやすさと高音質とNC機能をぎゅっと凝縮。プロダクツとしての密度の濃さがGOODですよー。

K495NCK490NC[ハーマンインターナショナル]

(武者良太)