Canon、天体撮影専用の一眼レフ機「EOS 60Da」を発表!

Canon、天体撮影専用の一眼レフ機「EOS 60Da」を発表!  1

2005年のEOS 20Da以来ですか!

Canonが7年ぶりに天体撮影専用の一眼レフ機であるEOS 60Daを発表しましたよ。ローパスフィルターをCMOSセンサーの全面に配し、その特性を変更することで、ベースとなっているD60と比べてHα輝線の透過率が約3倍(全モデルの20Daは2.5倍)になったようです。主なスペックは以下の通りです。

有効画素数:1800万画素

センサー:APS-Cサイズ CMOS

連写機能:約5.3コマ/秒

ISO感度:100-6400

モニター:ワイド3インチ バリアングルクリアビュー液晶

その他:星雲の赤みを再現、Hα線の透過率を約3倍に上げた赤外カットフィルター

ISO感度全域において、低ノイズになっているようですよ。Hα輝線の透過率が上げられたことから、天体撮影用に最適化されているんでしょうが、個人的にはISOをガンガン上げてもノイズが少ない5D Mark Ⅲでどの位撮ることができるのかが気になるなぁ。

発売時期は4月中旬で、お値段は15万4800円だそうですよ。

[ Canon EOS 60Da ]

(河原田長臣)