今度は渋いF1レーサー仕様! タグ・ホイヤーからAndroid 4.0搭載の高級スマホ発売迫る...(動画)

サイバーなデザインで攻める!

スイスの高級腕時計ブランドのタグ・ホイヤー(TAG Heuer)から、なんとも渋い男心をくすぐるAndroidスマートフォンの最新作が発売されますよ。F1レーシングの世界からインスピレーションを受けてデザインされたという「TAG Heuer RACER」は、耐衝撃性能も備えたタフなボディーが魅力ですよね。

すでにタグ・ホイヤーは、昨年にAndroid 2.2を搭載する「TAG Heuer LINK」を発売済みですが、シリーズ第2弾となるTAG Heuer RACERは、日本円にして50万円を超えた前作よりは価格を抑え、GTレーシングカーのタイヤをイメージさせるラバーコーティングを用いた仕上がりで、今年7月より高級ブティックなどで2800ユーロ(約30万円)にて発売されますよ。チタニウムやカーボンファイバーでボディーを包み、少々のことでは壊れない強度がアピールポイントとなっています。

なかなか簡単に手が出せる値段ではありませんけど、シックにTAG Heuerのロゴが光るデザインは、いざ目にしてしまうとクラクラッと来て大人買いしちゃいそうですよね。ちなみに詳しいスペックなどは今後の正式発表に待たれますが、最新のAndroid 4.0以上のOSが採用され、カスタマイズ可能な3Dユーザーインターフェースを備えることが明らかにされていますよ。ぜひとも日本でも、例えば、あの高級「PRADA phone」に続く新シリーズとして発売してくれませんかね~

Tag Heuer

Jamie Condliffe(米版/湯木進悟)