海を超えた共演がいまここに! 日米のギズオフィスを完全シンクロ動画で見る

貴重な内部映像を公開します。

こちら日米のギズモードオフィスを比較した動画です。左側がニューヨークにあるGawker Media社が運営する米GIZMODOのオフィス。そして右側が僕らギズモード・ジャパンのオフィスです。

両画面の冒頭に登場するのはギズモード・ジャパンを運営する株式会社メディアジーンの代表取締役CEOである今田素子さん。オフィス内に入ると登場する男性ふたりは米GIZMODOのジョー・ブラウン(Joe Brown)編集長と、ギズモード・ジャパンの大野恭希副編集長です。...ちょっとこの動画、豪華すぎませんか...?笑

つづいてそれぞれのオフィスを写真で見ていきましょうか。

 

米GIZMODO@NewYork

海を超えた共演がいまここに! 日米のギズオフィスを完全シンクロ動画で見る 1

こちらはニューヨークにある米GIZMODOのオフィス。間接照明中心のオトナな(ギークな?)かっこよさが光るオフィスですねー。均一に並ぶ窓と照明、それから飾られた絵がとってもおしゃれです。iMacが並んでるのも美しいです。日本ではなかなか見られなさそうな暗めなオフィスですが、いろんなところがいちいちかっこいいですね。

120411_gizoffice_14DSC00520120411_gizoffice_15DSC00523120411_gizoffice_17DSC00528120411_gizoffice_18DSC00530120411_gizoffice_19DSC00533120411_gizoffice_20DSC00535120411_gizoffice_27DSC00554120411_gizoffice_29DSC00559

ギズモード・ジャパン@渋谷

海を超えた共演がいまここに! 日米のギズオフィスを完全シンクロ動画で見る 2
クリックするとGoogleストリートビューのように360度見ることができるウィンドウが開きます。

一方、僕らギズモード・ジャパンのある渋谷のオフィスは白い壁と白いヒノキの無垢床タイルで「ホワイトオフィス」と呼べるような仕上がりになっていますよ。壁も床も白いのでオフィス内が明るくて気持ちいいです。

120411_gizoffice_03DSC_0061120411_gizoffice_04DSC_0067120411_gizoffice_39120411_gizoffice_41

ホワイトオフィスたるその姿の主役になっているヒノキの無垢床タイルは、MYLOHASから紹介して頂いたニシアワーから購入させて頂いた優れものなんですよ。

今回購入した無垢床タイルに使用されている間伐材(かんばつざい)は、本来、森林の成長過程で密集化する立木を間引く、「間伐」の過程で発生する木材です。つまり、無垢床タイルを採用することはコスト的に優しいだけでなく、環境にも配慮しています。オフィスや店舗はもちろん、個人宅でも活用が可能です。

コスト的にも環境にも優しい無垢床タイル。いい事尽くめです。このオフィスに引っ越してきた去年10月に800枚(!)もの無垢床タイルを社員総出でDIYペイントして、今のオフィスを作り上げました。そのときの様子とノウハウはライフハッカーで紹介されているのでぜひ見てみてくださいね。無垢床タイルを企画した牧代表はライフハッカーに「我々にはヒノキをペイントしてしまうという発想はありませんでした(笑)」と話していましたよ。

床タイルだけでなく、家具や雑貨、食品も扱っているニシアワーのサイト、ぜひチェックしてみてくださいね。

ニシアワー

Thanks!! Movie Direction:Kazumi Oda

(鈴木康太)