デスクトップPC派の人も、そろそろSSDデビューしてみませんこと?

120417-Intel-330-Series-SSD_R.jpg

速さはマジ正義だわー。

インテルからお手頃プライスのSSD330 Seriesが発売になりました。

Serial ATA 6Gb/s対応で、シーケンシャル読み込みが500MB/秒、書き込み450MB/秒のスペックながら、120GBモデルの価格が1万2980円とか1万3980円とか。1GBあたり110円~120円くらいですか。貴族のストレージと呼ばれたSSDも安くなりましたね。

しかもこの製品、SATAケーブルや電源ケーブル、3.5インチベイ用ステーもついているんです。デスクトップで使えといわんばかりに。さすがはインテルのパッケージ品です。

すでにSSD&RAID大貴族さんもいることでしょうが、ぷち貴族デビューを果たしたい方はこういった120GB前後のSSDをシステム専用ドライブとして導入してはどうでしょうか。1万円ちょっとの出費でMacBook Airのスピードスターっぷりをデスクトップで再現...というのは言い過ぎですが、速度感に圧倒されることはまちがいなしと断言しちゃいます。

120417-Image4.jpg

120417-Image5.jpg

CrystalDiskMarkでの計測結果がこちら。上の画像がこのSSDで、下の画像がHDD(日立7200rpmの2TB)です。

先攻 INTEL SSD

後攻 日立 HDD

シーケンシャルリード 353.0MB/秒 : 153.8MB/秒

シーケンシャルライト 238.8MB/秒 : 150.9MB/秒

ランダム512Kリード 350.3MB/秒 : 59.15MB/秒

ランダム512Kライト 237.1MB/秒 : 70.40MB/秒

ランダム4Kリード 26.78MB/秒 : 0.754MB/秒

ランダム4Kライト 84.68MB/秒 : 1.690MB/秒

P7P55D-E LXという旧世代のマザーボードへのポン付けでこれですもの。価格.comのレビューを見ると読み込み490MB/秒、書き込み478MB/秒というスコアをたたき出している方もいるので、チューニング次第ではまだまだアクセル踏み込めそう。

ちょうど季節はGW目前です。デスクトップ派の皆さん。SSD片手にデスクトップマシンをチューニングしちゃいましょうよ。

Intel® Solid-State Drive 330 Series[Intel]

(武者良太)