古い本が、古い本のニオイになるワケ(動画)

けっこう好きな人いますよね。 古い本のにおい。

それにしても、どうして本は歳をとると、あの独特の匂いをさせるようになるんだろう?  そんな不思議をイギリスの大学が調べたところ、紙にインクが印刷された瞬間に様々な化学反応が始り、揮発性物質や有機化合物を空気中に発生させていて、本が光と湿気にさらされている間中その過程が促進され、最終的にあの匂いをつくりだしているんだそうです。

特に、19世紀と20世紀に印刷された本は、製紙用パルプで使用される化学物質酸性のインクのために、あの匂いが発生しやすく、本が黄ばんだりボロボロになりやすいという事が分かりました。一方、知られているうちで最古のプリンターで印刷された500年前の原稿は、紙に使われている化学薬品の量も種類も少ないため、近年印刷されたものより長持ちし、あの匂いがでずらいんだそうです。

なので、本を長持ちさせたいなら涼しくて、乾燥していて、直射日光をあびないところに保管することをオススメします。逆に早くあの匂いにしたぁいと思ったら、お天気がいい湿度の高い日に、太陽の下で本を虫干しするといいんですね。

ちなみに、研究者の話ではあの古い本匂いを分析すると、草と酸とバニラの香りが混ざった感じだそうです。ん? バニラの匂いするかなぁ?

[YouTube via Explore via Coudal]

- Andrew Liszewski(原文/junjun)