ウルトラブックの未来の姿

ウルトラブックの未来の姿 1

ウルトラブックって言い方はもう死語かと思ってましたが...。

Intelが次世代ウルトラブックの姿を発表しました。これを元に考えると、ウルトラブックの未来が見えてきますよ。一体どれだけ薄く軽くなるのでしょうか。

Intelは、15ミリ・18ミリ・21ミリの3パターンで構想中。例えば15ミリだと、そのウルトラな薄さからVGA端子は不可、2.5インチのドライブも不可、18650バッテリーも不可、と搭載不可なものばかり。それでもそれらの代替案を模索しながら、薄さと軽さはセールスポイントになるってことですね。まぁ、Intel曰く、これは開発者の予想だそうなので、未来は全くわからないんですけどね。ネタ元で、その他の搭載可/不可機能も見ることができますよ。

軽くて薄くて持ち運びに便利になればなるほど、やっぱりバッテリーが気になりますけどね。

[CNet]

そうこ(LESLIE HORN 米版