Siriも進化する? 特定の声だけ聞きとるメカニズムが明らかに

Siriも進化する? 特定の声だけ聞きとるメカニズムが明らかに 1

人間にはあたり前のように備わっている能力がたくさんありますが、じつは異常に複雑なメカニズムを持っていたりします。たとえば、騒がしい環境でノイズの中から特定の声だけを聞きとる能力は、何十年も科学者たちを悩ませてきました。しかし、ようやくその仕組みが明らかになり、音声認識技術に革命をもたらす可能性がでてきました。

この現象の代表例として挙げられるのは、カクテルパーティー効果。複数の会話が同時進行していても、私たちは特定の誰かの声を拾うことができますよね。この仕組みを解明するため、カリフォルニア大学の研究チームは脳外科手術を受ける患者に対して実験を実施。この調査結果はNature誌に掲載されています。

手術を行う際、被験者の神経活動を記録するために、聴覚皮質がある側頭葉に256枚の電極シートを設置します。そして手術後、複数の声を重ねた音声トラックを再生して特定の話し手の言葉を認識してもらい、患者の脳活動を観察していきます。

観察には脳活動の様子を再構築するソフトウェアが使われ、複数の声が聞こえる環境でどのような変化が起きるかを評価。すると驚くべきことに、聴覚皮質が一度に認識するのはひとつの声で、そのほかの音は効果的にシャットアウトしていることが見えてきたのです。つまり、私たちは本当に自分の聞きたい音や必要な音を選んで聞いているということが科学的に解明されたわけですね。

研究者たちは、これが難聴注意欠陥障害の評価にも役立つツールになりえると期待感をもっているようです。また、身体が麻痺してコミュニケーションできない患者の意図や思考を解読するデバイス開発も期待できるとのこと。

さらに、音声認識アプリにとっても非常に有用だと考えられています。Siriに代表される音声認識アプリには、騒がしい場所でうまく処理できないという大きな課題がありますが、側頭葉によるノイズ除去の仕組みがわかればこうした身近な技術も大きく飛躍していくわけです。

どんなに騒がしい場所でもご主人様の声だけを認識してくれるSiriがリリースされたら、それだけで萌え度も飛躍的に高まりそうですね!

[Nature 画像:Brian A Jackson/Shutterstock]

Jamie Condliffe(米版/Rumi)