【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり)

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 1

これはなかなか高度なことに取り組んでますね。

米Gizmodo人気企画Shooting Challenge。今回のテーマは「スチールウールで火の雨」です。写真見てすぐ、みんなどーやったの? と思いますよね。参考になったのは、下のチュートリアル動画。

スチールウールに火をつけて振り回し、長時間露光で撮影しているのです。もちろん、火のついたスチールウールは持てませんので、泡立器に入れ込むというナイスアイディア。しかし、これかなり危険なので周りに引火物がないところで、火傷に気をつけてチャレンジすることになります。雨が降った後はチャンスですよ。

さて、なかなか難しい今回のチャレンジ、まずはトップ画の優勝作品から!

※画像クリックで拡大します。

 

 

【優勝】

Waiting Out the Storm アンジェリコ・タランティーノさん(Angelico Tolentino)

こういう写真とって見たかったのでよかった! 最初は花火でやろうと思ってたけど、今回のスチールウールを使ったやり方の方がいいですね。僕と友達のVeronicaがポーズをとる間、また別の友達Robynが塀の上でスチールウール振り回してくれました。傘さしてたけど、シャツの肩のところがこげて穴あいた...。

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 2
Hamster Ball ブレンダン・デンスさん(Brendan Dence)

この方法を前に読んだことがあったので、下準備はばっちり。眺めの紐に泡立器をくくりつけて大きく振り回しました。元写真家でKodak社員だった父親が撮影に協力してくれました。

カメラ:Canon EOS Rebel T3i

レンズ:Tamron 18-270mm:F3.5-6.3

5秒:f4:ISO100

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 3
Stroll in the Rain トレイシー・ミラーさん(Tracy Miller)

初めはちょっと緊張したけど、上手くいきました! 友達のKatrinaが協力してモデルになってくれました。上手く撮れたと思います!

カメラ:Canon T3i

30秒:f8:ISO100

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 4
Stage Lights ティム・ウェルチさん(Tim Welch)

いつも見てたShooting Challengeについに参加することに。警察に怒られないように、橋の下や人気のない駐車場で練習。夜中になって公園で撮影しました。

カメラ:Nikon D90

レンズ:Tokina 11-16mm(14mmで撮影)

20秒:f8:ISO200

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 5
Yarn マシュー・マルナーチさん(Matthew Malnati)

やってみたいなーと思ってた技だったので、このチャレンジをいい機会と思って挑戦。まずは、立つべき位置に蛍光ステックを置いて、それを目印に焦点を合わせました。シャッターのリモコンが上手く動かずに、結局、婚約者の彼女に手伝ってもらうことに。RAWで撮影して、コントラストとハイライトを少し調整。

カメラ:Canon T2i

レンズ: Sigma 18-50 mm:f2.8-4.5(18mmで撮影)

30秒:f5:ISO200

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 6
Relaxing Night on the Porch レイン・カールソンさん(Lane Carlson)

庭で撮影。壁や階段に火の粉が舞いました。

カメラ:Canon 450D

20秒:f22:ISO200

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 7
Purple Rain カトリーナ・グスティさん(Katrina Giusti)

数人で一緒に撮影。スチールウールを振り回すの怖かったです。Lightroomで色を編集してちょっとユニークに。

カメラ:Nikon D3100

30秒:f9:ISO200

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 8
A Most Generous Pour アダム・マルクシュタイナーさん(Adam Marksteiner)

ワインボトルの下の方を割って、中にスチールウールをいれました。シャッター押して、スチールウールに火をつけて、瓶の上からドライヤーで風を送って、ボトルからグラスへ火の粉を飛ばしました。夜中にガレージでやってたから寒くて寒くて。

カメラ:Olympus E-500

20秒:f11:ISO200

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 9
The Incident In the Krog Street Tunnel ランドン・ゲネトンさん(Landon Gennetten)

グラフィティがたくさんあるKrog通りのトンネルで撮影しました。最初は、トンネルの端っこでやってたのですが、イマイチ雰囲気がでなかったのでついには真ん中で決行。この1枚、車も来ないで20秒振り回せました。なんとか、騒ぎにならずに終わらせることができましたよ。

【米Shooting Challenge】スチールウールを使って火の雨がふる写真を撮った!(動画あり) 10
Halo エリオット・デッカーさん(Elliott Decker)

とある寒い雨の日に、テキサス州オースティンで。線路下のトンネルで撮影。ほぼ左右対称で鏡に映ったような写真がとれました。手伝ってくれた友達がスタジオライト持って来てくれたので、青っぽい光の色もだせました。時間かかったけど、満足の1枚。

カメラ:5D Mkii

12秒:f11:ISO100

さすが、100回を超える米GizのShooting Challenge! ギズモード・ジャパンのチャレンジでもいつかやってみたいですね。まだまだ見たい方は一部をギャラリーで。ネタ元の米Gizでは全部見れますよ!

20120229scfireraining2020120229scfireraining2120120229scfireraining2220120229scfireraining2320120229scfireraining2420120229scfireraining2520120229scfireraining2620120229scfireraining27

また、日本版「第3回シューティングチャレンジ」もただ今開催中です。応募の〆切は15日(日)23時59分59秒ですよ。まだの方は是非ご応募くださいねー!

そうこ(MARK WILSON 米版)