次なる新しい「iPad 4」は...瞬間ファイル転送のThunderboltポート搭載で折り曲がる? 一挙に6大改良ポイントを提言!

次なる新しい「iPad 4」は...瞬間ファイル転送のThunderboltポート搭載で折り曲がる? 一挙に6大改良ポイントを提言! 1

感動のiPad発表会に!

「新しいiPad」を使いまくってて最高だぜってギズ読者の皆さまはいらっしゃいますか? やっぱり美しい新Retinaディスプレイは抜群にきれいですし、アップル最新のA5Xプロセッサーのパワフルぶりもハンパじゃないよね~

そんな新しいiPadへの大反響もあるようですが、必ずしも皆が同じ反応というわけでもないみたいでして、いまや中には最も狙い目なのは中古の「iPad 2」良品だよって意見まで飛び出してきたりしています。とりわけそれほどギークでないユーザーにとっては、iPadでできるようになった、パソコンを開かなくても大画面でインターネットやメールを使えたり...という一般的な利用スタイルで満足してしまっている場合ほど、今回の新しいiPadの改良スペックは、あまり大きな買い替え要因になるインパクトを持ち合わせていない様子でもあるようですね。

現時点で新たにタブレット購入を検討する人に対して、このアップルの新しいiPadこそがベストな選択肢だよって自信を持ってお勧めできる製品であることは確かでしょう。ただ、すでに前作のiPad 2までで、非常に良い出来栄えを達成してもいたので、やや今回の新型iPadの素晴らしさが思っているほどの輝きを放たなくなってしまっていると感じている人も少なくないのかもしれませんね。実際のところ、iPad 2でも新しいiPadでも、ほとんど見分けがつかないという人が大半でもあるようですし...

まるで最初にiPadが世に出た頃のように、皆がアッと驚く感動を届けられるようなiPadの次期モデルって、一体どのような姿なのでしょうか? 今回、米GIZMODO編集チーム内でディスカッションを重ねて形になってきた6つの重要提言ポイントをまとめてみました。なかなか納得できる魅惑の改良点が満載ですよ。アップルへの大胆なるリクエストの意味も込めまして、まずは順番にチェックしていきましょう!

 

 

1. 超ロングバッテリー

フル充電から連続10時間は使い続けられるタブレットという位置づけは、決して悪いものではありませんよね。でも、やっぱりまだ常にバッテリー残量を気にしながらiPadを使っている姿があることは変わらない事実だと思います。これから今日は外出先で長いんだけど、このままだと家で充電するまでバッテリーは持つのかな? いつも頭の片隅ではバッテリーのことが気にかかり、そんな心配をしながら使い続けているユーザーがほとんどなんじゃないでしょうか...

でも、もし数日は充電なんかしなくても連続使用できるiPadの次期モデルが発表されちゃったらどうですか? プロセッサーの処理速度は別に従来までのモデルと変わってないんだけど、バッテリー駆動時間が3倍にも4倍にも伸びちゃいましたよなんてリリースが行なわれたりしたら、これはグッとくるぜって方が少なくないのではないでしょうか。もしかすると、たとえボディーデザインは、やや現在の形よりも崩れたとしても、強力な太陽電池を内蔵しつつ、日中のバッテリー駆動時間を大幅に伸ばしますなんてアプローチだって受け入れられちゃうかもしれませんが、さすがにそれはデザイン重視のアップルではあり得ない夢でしかありませんかね~

次なる新しい「iPad 4」は...瞬間ファイル転送のThunderboltポート搭載で折り曲がる? 一挙に6大改良ポイントを提言! 2

2. 超タフな仕上がり

歩いている時に、うっかり手に持っていた新聞を落っことしてしまっても、それで新聞が壊れて読めなくなっただなんて大騒ぎしたりしませんよね? 読書中に、ふと不注意でテーブルの上の飲み物をこぼしてしまってブックカバーが汚れちゃっても、まぁ、残念だけど仕方がなかったかなで済む場合も多いですよね?

ところがiPadユーザーの場合は、そんなわけにはいきませんよ。ちょっと落っことしてしまったや、ついこぼれた飲み物がかかっちゃっただなんて一瞬の出来事が、そのままiPadには即死! もう2度と使えなくなってしまうジ・エンドを意味することだって多々あるんですが、ここをなんとかできないものでしょうかね...

iPadの大きな特徴として、やっぱり常に肌身離さず携帯電話のように持ち歩いて使うという利用スタイルがある以上、落下や水濡れといったアクシデントは避けられないでしょう。でも、そういう少々の日常的な不注意によるハプニングではビクともしない耐衝撃性、防水性、防塵性能を備えた新しいiPadが誕生してくればいかがですか? これはもう速攻で購入決定だぜって人は多いでしょうね~

次なる新しい「iPad 4」は...瞬間ファイル転送のThunderboltポート搭載で折り曲がる? 一挙に6大改良ポイントを提言! 3

3. 折り曲がる柔軟ボディー

こちらは先ほどのタフで頑丈な性能とも共通してくるポイントでもあるのかもしれませんけど、iPadを紙の新聞や雑誌と比較すると見劣りしてしまう別の特徴は、クルリと丸めて手に持って歩けるかどうかっていう違いがあるのは仕方ないことですよね。つまり、紙であれば、折れ曲がろうが丸まろうが、まったく使用に支障をきたしたりしませんけど、いつも平面サイズのボディーのまま大切に持ち歩かないといけないiPadは、やっぱり柔軟性に欠けるというデメリットがありそうです...

でも、もしもうちょっとボディーにフレキシブルな柔軟性が備わり、折れ曲げて使うことも、丸めて持ち運ぶこともできちゃう次世代の新型iPadが登場してきたらどうですか? これは最も魅力的なポイントになり得るでしょうね!

4. フロントカメラの改良

ところで、ギズ読者の皆さんのうち、写真を撮るためにiPadを多用しているよって方はどれほどいらっしゃるでしょうか? あの大画面のボディーを構えてはシャッターをクリックするという使い方がポピュラーになるなんて、とても思えないんだけどな~と感じてしまう人はボクだけじゃないとも思うんですけどね。

アップルには、iPad背面へ無理に本格撮影用の高性能なカメラを搭載させる路線ではなく、むしろフロントカメラにこそ、もうちょっと力を入れてもらえるとうれしいんだけどって意見が、米GIZMODO編集チームでは上がっているみたいですよ。そもそも現在のフロントカメラの解像度なんて、大昔の1990年代後半のデジカメですかって性能でしかないですよね。でも、せっかくiPhoneよりもはるかに大きな画面で「FaceTime」ビデオ通話だって楽しめちゃうんです。フロントカメラにiPadならではの驚くべき工夫やアイディアが満載されているというアプローチだってありではないでしょうか。きっとアップルが本気で取り組めば、単に解像度を高める以上の魅惑の新機能を持たせることだって十分にできるエリアだと感じているんですけど、皆さまはいかがですか?

次なる新しい「iPad 4」は...瞬間ファイル転送のThunderboltポート搭載で折り曲がる? 一挙に6大改良ポイントを提言! 4

5. 指先のタッチで汚れない

指先で直感的にタッチして操作する以上は、もうこの問題は仕方ないことだよねって、半ばタッチスクリーンのタブレットや携帯電話ユーザーはあきらめかけているポイントでもあると思いますが、せっかくの美しい超高解像度表示を誇るRetinaディスプレイも、ベタベタと指の皮脂で汚れちゃっているという画面では台無しです。ところが、意外とディスプレイ表面は常にこういう状態というのが普通だったりもするんですよね~

もちろんいろんな工夫があるのは知っています。頻繁にクリーナーで画面を拭いているマメなユーザーだっておられますし、だからこそ、一部では指先でダイレクトに触れなくてもよくなるタッチペンや手袋なんかも人気だったりするみたいですね。でも、もしデフォルトでiPadのスクリーンが耐指紋の汚れ性能のようなものを備えていて、いつも自動でディスプレイ表面に指でついてしまう皮脂を取り去ってくれる機能なんかが搭載されてきちゃったらいかがですか? マイナーに見えるポイントかもしれませんが、これこそタブレットのキラー機能だぜって大賛辞が贈られることは間違いなしでしょうね!

6. ドックコネクターが大進化

さて、新しい未来のiPadに求めたい数々のポイントとして、最後に取り上げてみたいのはドックコネクターの大改良です。iPadのドックコネクターって、基本的には、もう10年も前から存在している「iPod」時代のものと大して変わっていないとも思いませんか? こんなにiPodからiPadへと大きな進化が遂げられてしまった状況にもかかわらず、いまだにこの部分だけは変化していないというのも、ある意味で不思議な話ですよね。

例えば、アップルは「Thunderbolt」ポートの搭載を最新のMacで進めていますけど、正直に言いまして、いまだにThunderboltだからこそ行なえるキラー機能って、あまりすぐには思いつかないと思うんです。でも、もし新しいiPadのドックコネクターにはThunderboltポートが搭載されて、もうHD動画であれ、高解像度の写真アルバムであれ、大容量ファイルでも一瞬で高速転送できちゃう仕様を備えちゃったらどうでしょうか。その快適さは、1度使ったら2度と戻れない感動ものでしょうね...

あるいは別のアプローチとしましては、もうドックコネクターそのものをなくしちゃうなんていかがでしょうか。例えば、すべてのデータ転送は802.11nのワイヤレス接続のみを利用することで、パソコンとiPadの間は600Mbpsの高速転送で結びます。そして、要の充電だって、このところ日本ではNTTドコモから対応機種が多数発売されて身近にもなりつつある、あのワイヤレス充電機能に対応させちゃうという感じでしょうかね。

アップルのiPadは、他のAndroidタブレットが軒並みmicroUSBポートを備える流れには頑として呑まれることなく、独自のドックコネクターを搭載する主義を貫いてきましたけど、このドックコネクターを他とは大きく進化させるアプローチが取られるならば、なかなか興味深い反響を集めることになると思いますよ~

次なる新しい「iPad 4」は...瞬間ファイル転送のThunderboltポート搭載で折り曲がる? 一挙に6大改良ポイントを提言! 5

いかがでしたか。あくまでも米GIZMODO編集チームによる勝手なアップルへのリクエスト集でしかありませんけど、個人的にはボクも賛同したい内容ばかりだと感じています。

アップルは、別に今回の新しいiPadでさえも非常に好調な売行きを記録しており、わざわざこういう大胆な改良ポイントを取り入れる必要性を感じていないというのも本音であったりするかもしれませんよね。でも、やっぱりボクらはアップルにだからこそ求めたいという願望を抱いていたりもします。常に他メーカーが出していないような新コンセプトの製品を出しては世界を驚かせたりもしてきましたよね。再びiPadで、そんな大革命が見られる日を心待ちにしています。意外とそれはそんなに遠くない未来に訪れるのかもしれませんけどね!

Sam Biddle(米版/湯木進悟)