1950年代と現在の食べ物の1番大きな違いはサイズ! 現代人食べ過ぎや!

2012.05.24 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20120524foodin50s.jpg


おかわりー!

50年代と現代の食事で1番の違いは、サイズ! 大きさ! 量! アメリカ疾病予防管理センター(CDC)調べによりますと、現代の食事量は50年代のそれと比べて、なんと約4倍。そしてそれを食べる人々の平均体重も26パウンド(約11.7キロ)多いとのこと。まぁ、そうでしょうね。4倍の量食べてるわけですし。

それにしても4倍か。なぜこんなにも量が増えたのでしょうね。量が増えたから体がでかくなったのか。体がでかくなってきたから量が増えたのか。
現代人はお腹がすく生き物だ。


[Making Health Easier]

そうこ(MARIO AGUILAR 米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B006E513GA


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア