【ホームレス・スタートアップ】19歳の少年、AOL本社にこっそり2ヶ月ほど住み着いてベンチャーサービスを完成、ローンチへ!

【ホームレス・スタートアップ】19歳の少年、AOL本社にこっそり2ヶ月ほど住み着いてベンチャーサービスを完成、ローンチへ! 1
イメージ写真(写っているのはエリックさんではありません)

なんという度胸!

彼の名はEric Simons(エリック・サイモンズ)

彼は、米国パロアルトにあるAOLの本社でひっそりこっそりと2ヶ月間生活していました。なんでそんなことに?

当時のエリックは成績があまりよろしくない高校生。自分の成績が悪いのを逆手にとって、彼はClassConnectというプロジェクトのスタートアップを始めました。これは、教師がより興味深い授業方法を模索するためのサービス。なんとも皮肉の聞いた良いサービスです。このスタートアップがきっかけで若干の資金と、夏休みの間AOLでプロジェクトに取り組んでいいというチャンスを得たエリックくん。やったね! が、夏は終わりお金は尽きて、周りの友達はみんな大学へと進学してしまいました。そこでエリックくんはどうしたか...? 実家に帰る? いえいえいそんなことはしません。彼は、AOLにそのまま住み着くことにしたのです。

ネタ元のCNETによると、エリックくんのAOL生活はこんな感じだったそうです。

真夜中までプロジェクトに取り組む。

2時頃、オフィス内のソファで就寝。オフィスに人がやってくる7時頃(遅くても8時頃)までには起床。

オフィス内のジムに行き、運動してシャワー浴びる。

オフィス内のお水やコーラ、シリアルを食べて、また夜中まで仕事。

オフィス内に人がいなくなったのを確認して、ソファで就寝。

誰に見つかることもなく、2ヶ月ほど毎日この生活を続け、ついにはClassConnectを完成、ローンチに漕ぎ着けました! 現在は、プロジェクト拡大&会社化のために50万ドル(約4000万円)の資金調達を目指して奮闘中。どうやら、AOLからはお咎めなしだったようですね。

なんというスタートアップ! なんとういう0からのスタート! なんという若さとエネルギー! また1つ、新たなサクセスストーリーの誕生です。

[CNET]

そうこ(SAM BIDDLE 米版