日本の技術者が毎時3600個の速さで寿司を握るロボットを開発(動画あり)

2012.05.11 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


寿司業界に革命か!?

にぎり寿司を握るロボット自体は割と昔から存在しますが、この度開発された最新の寿司ロボットはその握る速さが尋常ではありません。何と、毎時3600個という驚異的なスピードでシャリを握っていくのだそうです。

開発したのは日本の鈴茂器工。この「超小型シャリ玉ロボット」は4月上旬に外食産業の専門展『World Food and Beverage Great Expo 2012』に出展されたものなのだとか。日本人の寿司に賭ける情熱には外国人もびっくりでしょうね...。

ところで気になるお味の方はどうなんでしょう? これはぜひどこかで食してみたいものです。

 
速すぎワロタwwwwwww ギネス級の寿司ロボット[ネタめし.com]

(山田井ユウキ)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア