あなたは大丈夫? Facebook中毒かんたん診断テスト

あなたは大丈夫? Facebook中毒かんたん診断テスト 1

冷や汗。息切れ。集中困難。禁断症状に苦しむあなたを救ってくれるものはただ一つ。青い色したあのサイト。そう、あまくて美味しい...Facebook!!!

というわけで、中毒に詳しい心理学者のもとで作成されたFacebook中毒診断テストが心理学情報サイト「Ammons Scientific」で公開されています。

以下に挙げる6項目について「(1)ほとんどない (2)あまりない (3)ときどきある (4)しばしばある (5)非常に頻繁にある」の5段階評価で回答してみてください。

□FacebookのことやFacebookを使う計画について考える時間が多い。

□Facebookをもっともっと使わなければと駆り立てられるような気持ちになる。

□個人的な問題を忘れるためにFacebookを使う。

□Facebookがうまく使えず、利用を縮小しようとしたことがある。

□もしFacebookの利用を禁止されたら、気持ちが落ち着かず心配になる。

□Facebookをたくさん利用することで、仕事や勉強に悪い影響が出ている。

「しばしばある」または「非常に頻繁にある」を4項目以上で選んだ方は、世界的な心理学者の目から見てFacebook中毒とのこと。でも、心配はいりません。中毒だと認めることが、脱中毒にむけたはじめの一歩ですよ。

逆にいうと、「しばしばある」「非常に頻繁にある」を選ぶ勇気が持てなかった方や、中毒判定されなくてホッと胸をなでおろした方の中に、もっとディープな中毒者が紛れているかもしれません。

あなたの診断結果はどうでしたか?

 

[Psychological Reports via Science Daily 画像:Ksayer1 under Creative Commons license]

Jamie Condliffe(Rumi/米版