アップルが新しいiPadの名称を変更。4Gモデルを「Wi-Fi+Cellular」に

アップルが新しいiPadの名称を変更。4Gモデルを「Wi-Fi+Cellular」に 1

日本でも変更です。

アップルが4Gに対応した新しいiPadの名前を変更しました。新しい名前は「Wi-Fi+Cellular」になりました。もともとは「Wi-Fi+4G」でしたよね。

CNETによるとアップルは以下のようにコメントしているとのこと。

「通信会社各社は、それぞれの通信方式に対し同一の名称で呼んでいないため、私たちはiPadでサポートするすべての高速ネットワークを表す名称として『Wi-Fi+Cellular』を使用することと致しました」

日本でもソフトバンクが「Wi-Fi+4G」のモデルを販売していますが、iPadが採用している規格と合わないので、実質は「Wi-Fi+3G」という感じですもんね。

次のアップデートで、もしくは噂のある7インチ版のiPad登場のタイミングで日本でも使えるLTEに対応してくれたらいいのになぁ。

CNET

アップル

(鈴木康太)