次のiPhoneが16:9じゃないと思うこれだけの理由

次のiPhoneが16:9じゃないと思うこれだけの理由 1

またまた出ましたね、「新iPhoneは16:9」という噂...初代iPhoneが出る前にも流れたし、iPadでも流れて、今年も...もはや恒例行事なわけですが、本当に縦に伸び~るのか?

検証してみましょ~。

メリットあるの?

一番に考えたいのがコレ。16:9にして自分(ユーザー)に何かいいことあるのか?

16:9になると言ってる人たちが真っ先に挙げるのは、「これは未来のフォーマットだ」ということです。720pも1080pもHD動画はこの解像度。TV番組も16:9。ホームビデオも16:9で撮ってるんだから、再生のとき画面の黒い帯が出るのはみっともないし、画面が最初から16:9なら全画面たっぷり使えて得じゃん、と。

確かに16:9なら今並べたみたいなコンテンツはピッタンコはまります。が、その皺寄せは他に行くだけ...というか、ピッタンコにならないコンテンツの方が実は多くて、他のフォーマット(4:3やパノラマのアスペクト比)で撮影された映画や動画はごまんとあるし、16:9仕様じゃないアプリやビデオゲームもあります。いざ出たら対応するでしょうけど、それでも上や下に黒い余白が出ちゃう(英語でletterboxing)コンテンツの方がずっと多いんじゃないかと。

16:9 iPhone予想組が挙げる2点目のメリットは、「画面が大きくなればピクセルも情報量も増える」こと。その通りなのだけど、ピクセルは別に16:9にしなくても増量できます。3:2のままで4インチにするとかでも増やせるんですよね。

マイナスは?

 

どうせ16:9にするなら、ついでに解像度も1280 x 720にしてくれれば標準の720pとピッタシ合うので納得なんですけどね。今の3.5インチでその表示密度は技術的にムリ。かと言って噂通り4インチになれば367ppiという異様な超高解像度になっちゃう...。そこまでの携帯はまだないし...720pのAndroidはあるけど、あれは4.3インチですからねぇ...。

バッテリーに負担がかかる

でもここでは仮にアップルのサプライヤがなんか隠し技もってて、367ppi、4インチ、720p、16:9のディスプレイを作れた場合のことを考えてみましょう。

バッテリーもちはどうなるのか? iPad同様、iPhoneもディスプレイの負担は相当なものになります。グラフィック処理パワーもピクセル表示もバックライトも今より要りますからね。

TV連ドラ見るときに出る黒い帯が嫌だからって、みんなバッテリーの減りが速くて厚くて重いiPhoneに乗換えるかな? そんな機種替えはアップルも不本意だと思うのです。

フラグメンテーションができてしまう

Androidと違ってiPhoneはフラグメンテーション(断片化)が無いのがいいよね、っていうのも16:9でオワリ。

開発者は16:9の新モデルと旧モデルの両方で使えるよう、アプリを書き直さないといけません。iPhones 3G、3GS、4、4Sはまだ何千万台と出回ってて、みんなそれでアプリを買い続けているので、突然アスペクト比が変わったら今後何年も開発コストも倍に...トホホ...。

ユーザーは既に買ってしまったアプリの上や下に黒の帯が出ると残念に思っちゃうだろうし、それは開発者もできれば避けたい...となると今後しばらくはUIのレイアウトを2通り用意しなきゃならない。開発にかかるコストもバカになりません。

Retinaディスプレイで見栄えがするよう従来より高解像度の作品を作る...という話ならチョロいのですが、新旧アプリ全部に新しいレイアウトを適用となると、これ、相当面倒くさい作業になります。

iPadに16:9は合わない

iPadとiPhoneは今もアクペクト比が異なり4:3 vs. 3:2なんですが、これはさほど大きな問題じゃないんですね。iPadアプリは全くレイアウトが違うので。さほど大きな違いでもないので、ゲーム(プラットフォーム別に差があんまりない)とかも両方のアスペクト比に簡単に調整できます。

でも720pの動画に合わせてiPhoneが16:9になれば、当然iPadも16:9かそれ近い比に...。ところがこの16:9のワイドスクリーンのiPadというのが超ヘンなのです。

金の卵を産むガチョウ、ジョブズも嫌だと言っていた

ありゃヘンだぞ~とスティーブ・ジョブズも生前よく言ってましたしね(ティム・クックも)。iPadもiPhoneも16:9はデザインの観点から見ておかしい、映画を別にすれば16:9にしてもそんなメリットないし、本・雑誌とか読む時にはかえってマイナスだってね。

iPhoneとiPadは長年のブレインストーミング計画開発の末に生まれたものだ、とジョブズは言ってたものです。その試行錯誤の中で辿り着いた魔法のフォーミュラ。これを市場も喜んで迎え入れました。Androidもたくさんフォーミュラはあるし、大型スクリーンも支持を得てますけど、にも関わらずiOSは凄まじい勢いで売れに売れています。発売から何年経ってもアップルのフォーミュラは勝ち続けているのです。

それをなぜ変えるのか?

新Apple誕生の兆し?

自分でもこれといった理由が思いつかないんですね。16:9にしてもそんなにメリットないし。デメリットならユーザーにもデベロッパーにも沢山あるけど。以下のシナリオしか考えられません。

1)ティム・クックがアップル全社員の魂をサタンに売って、それと引き換えに、既存テクノロジーの限界を打ち破り尚且つ全アプリのフォーマットを一瞬にして変える神スマホを手に入れた。むはははは~これでバリューは一切落ちないぜ。

2)ティム・クックとその取り巻きが、狂った。なんか先代と違うことやればそれで独り立ちできると勘違いしたクックが大刷新を図る。が、それは金の卵を産むガチョウを殺しかねないチェンジだった。消費者も開発者も誰も要求してない機能の名のもとに。なぜそんなことを...ジョブズの亡霊からそんなに逃げたいか? ジョブズの亡霊から逃げたい人なんかいるのか? ウィジャボード(コックリさんみたいなやつ)で霊呼び寄せてご神託聞いてるんじゃなかったのか?

僕はティム・クックそういう人じゃないと思うんです。クレイジーじゃないし。楽に金儲けできる今の状況キープしたいんじゃないかな。

JESUS DIAZ(原文/satomi)