MicrosoftがPCのスピーカーを利用してジェスチャー操作を可能にする技術を開発中

Kinect様々な事に使われているのを見て、「ユーザーがジェスチャーでPCを操作したいという願望があるんだな」と実感したのかもしれません。Microsoftはジェスチャーを認識する新たな技術を開発中です。

Sound Waveと名付けられたこの技術は、ドップラー効果を利用しています。ドップラー効果とは音の発生源と観測者との相対速度によって音の周波数が異なって観測される現象です。スピーカーから人間には聞こえない音域の音を出し、マイクで手の位置がどこにあるかを探ることでジェスチャーを認識します。

動画を見ると、まだまだ開発段階という感じで、ページをスクロールするにも、次の画像を表示するのも大変そうです。しかし、これからの開発に期待がかかる技術であることも確かです。

私がこの技術ですごくいいなと思える事が2つあります。1つは、人間の耳には聞こえない周波数の音を使用しているので、うるさい所や音楽を聞きながらでも使うことができます。2つ目は席を立った時に自動でロックしてくれることです。

まだまだ欠点が見られますし、実用化には時間がかかりそうですが、面白い技術です。これがPCに搭載されたらテトリスやってみたいです。

 

[Microsoft via The Verge]

JAMIE CONDLIFFE(原文/mio)