斬新すぎ。カニが動力というコンピュータ

なんて斬新! なんていったって動力源はカニ!  カニコンピュータです。

この論理回路兵隊ガニの群れる性質を利用しています。科学者は、「幾何学的に制約ある環境でなら、兵隊ガニの群れが論理回路を構成することができることを示した。」と言っています。兵隊ガニの群れはそれぞれ論理ゲートAND、OR、NOTを通るように追いやられます。

論理ゲートはすっごくシンプルです。でも、どうやってカニはそこに行くように誘導されるんでしょうか。

カニらは論理ゲートの入り口に集合で置かれます。そして影で誘導します。影は捕食者である鳥が飛んでいるとカニに思わせます。

どこまで行ってもカニ! このカニコンピュータは普段使っているMacBook Proほどは使い勝手はよくなさそうですけれど、でもでも停電でも使えます。お腹が空いたらフライにしてもいいですし。にしても一体どうしてカニコンピュータなんて作ろうと思ったんでしょうね。

[PhysOrg]

SAM BIDDLE(原文/mio)