前足を失ったボーダー・コリー犬、特製の車イスで元気にお散歩!

120428roosevelt1.jpg

飼い主の愛情が感じられます...

生まれた時から両前足に障害を抱えるボーダー・コリー犬のルーズベルト君は、3年前に新しい飼い主の優しいステファニーさんに引き取られてから、大きく生活が変化しましたよ。これまでは自分でどこへ行くにも大困難だったのに、特製の車イスを手にして大喜び!

  

120428roosevelt2.jpg

 

かなりの山道だって平気で進んでいく元気いっぱいの楽しい毎日になったそうですよ。

この車イスを手にしてからというもの、ルーズベルトは毎朝とっても幸せそうに目ざめるようになったわ。もし子どもが身体障害を負ったとしても、親というのは、その障害を克服して可能な限り幸福な生活を送れるように最善を尽くすものでしょう。ペットにだって同じことをしてあげなきゃね。

そんなふうに飼い主のステファニーさんは語っています。優しい飼い主に恵まれて、本当によかったですよね。ちなみにペットの名前は、車イス生活を送った大統領として知られるフランクリン・ルーズベルトにちなんでつけられたんだそうですよ~。

 

Bangor Daily News via Death and Taxes

Andrew Tarantola(米版/湯木進悟)