街中にいる鳩ってどこに消えてるの? どこで死んでいるの?

街中にいる鳩ってどこに消えてるの? どこで死んでいるの? 1

「街中に大量にいる鳩って...どこに消えているの?どこで死んでいるの?」こう疑問に思う事って1度くらいありますよね。そしてその答えは「自然に帰る」です(意外に普通な答えですが...)。

鳩は大人しいし美味...ゆえに、アカオノスリ(アメリカに生息するタカの一種)や、ハヤブサ、ふくろう、猫、さらにはネズミやコモリネズミ、なんと亀までも、そして人間が鳩を狩り、それらの動物の胃袋の中に消えて行くわけですね。ハエやアリですら数日以内で鳩を持ち去る事ができるらしいですよ...。

運良く捕食されずに生き延びたとして、鳩の寿命は野生で5年間、飼育で15年間です。鳩は屋根裏や換気シャフトに逃げたり、金属製の梁や看板の裏に潜む傾向があるのも死因になりやすいとのこと。また廃墟ビルに群れてしまいがちなのもしかり。

街では嫌われがちな鳩ですが、なかなか悲しい生き物なのですね...。鳩...。

[The Atlantic Cities, image by thinkstock

mayumine(CASEY CHAN 米版