【悪天候!?】スカイツリーついにオープン! 早速初日に登ってきました【エレベーター停止!?】(写真ギャラリーあり)

120523skytree1.JPG

2012年5月22日、東京スカイツリーついにオープン!

というわけで早速行ってまいりました。あいにくのお天気でしたが、それでもたくさんのお楽しみポイントがあったのでレポートしてみようと思います! 

わたしが入ったのは18:00〜の回で、お天気が良ければ日中の景色〜マジックアワー〜夜景が全部見れるのでは!? と思ってワクワクしていたのですが、いざ4階のエントランスに到着してみるとそれどころではありませんでした。館内には「強風のためエレベータ運行見合わせ中ですー!」のアナウンス。そしてエレベータ再開待ち待機の長蛇の列が。

120523skytree3.jpg

うーむ困った...ととりあえず待機していたところ、なにやら大きなリュックとカメラをガサゴソしてる方がいらっしゃったので、ガジェット臭を感じて「これ、なんですか?」と伺ってみたところ、「日本初のスカイツリーUSTをしようと思って!」とのことでした。そしてこのリュックがすごい! 中には3G/WiFi/WiMaxの各種ワイヤレス回線が仕込まれ、映像を分割して伝送することによりHD画質で安定したUSTが出来るそうです。モニタもついており撮影映像もリアルタイムにチェック。なんだこれカッケー。思わず写真ギャラリーを載せます。

120523skytree8120523skytree4120523skytree5120523skytree6120523skytree7

人様のUST機材に興奮しているうちに、エレベータの運行が再開し、なんとか地上350mにある天望デッキへ登れることになりました。ようやくドアを開いてくれたエレベータの中には豪華な金細工が! 各エレベータによっていろんな加工がしてあるみたいです。

120523skytree9.jpg

あっと言う間に地上350m地点へ連れてってくれるエレベータを降りると、そこは待ちに待った展望台。残念なお天気だったので、もしかして何も見えないのかなー...と思っていたんですが、どどーんと美しい夜景が広がっていました!

120523skytree10.jpg

スカイツリーの展望台は日本っぽさ、江戸っぽさを意識したデザインとなっているようで、至る所で浮世絵屏風などを目にすることができます。また景色をバックに撮った写真をその場で飛び出るポストカードにして印刷してくれるサービスがあったり、景色を眺めながら軽食を楽しめるカフェがあったりと、観光コンテンツが満載です。カフェでは、スカイツリーのウエハースが刺さったスカイソフトを食べることもできますよ。他にも350m地点で見られる写真をまとめてみました。ぜひ写真ギャラリーをご覧下さい!

120523skytree11120523skytree12120523skytree13120523skytree14120523skytree15120523skytree16120523skytree17120523skytree18120523skytree19

さて、そしていよいよ450m地点にある天望回廊へ...! と、思ったんですが...

120523skytree20.jpg

「本日は強風のためエレベータの運行は終了しましたー!」とのこと...。ああっ、残念...

。すでにチケットを購入してしまっていた方もいたようで、天望回廊へのエレベータ前にはたくさんの方々が待機されていました。

残念無念、ギズモードも退散するか...と思っていたら、なにやら人だかりが...。えっ、プ、プロポーズしてる! 人がリアルに跪いて指輪のケース開いてるの初めて見ました...。そして無事大成功だったようで、周囲の方々からは盛大な拍手をおくられていました。ただの通りすがりですが、こっちまでなんだか幸せな気分になりました! 掲載許可のいただきついでに、当の本人にお話を伺ったところ、「日本初のプロポーズがしたかった」とのことでした。かっこいいですね! 本当におめでとうございまーす!

120523skytree21120523skytree23120523skytree24120523skytree25

さて、いいものを見せてもらったところで今度こそ帰ろうかな、と思い、帰路のエレベータは2フロア下にあるとのことでエスカレーターを下ると、なんとそこにも展望台が! 実はスカイツリーの天望デッキには「フロア350」「フロア345」「フロア340」の3種類があり、メインは「フロア350」で人が溢れているのですが「フロア345」「フロア340」は展望台周辺に椅子やレストランなどが用意されており、のんびり座って景色を楽しむには、実はこちらが穴場かもしれません。そして「フロア340」には、なななんと、高さをこれでもか! と体感することができるガラス床があります。私も乗ってみましたが、なんともいえぬ不安感がありましたよ...。こちらもギャラリーでご覧下さい。

120523skytree26120523skytree27120523skytree28120523skytree29120523skytree30

そしてエレベータで地上に戻り、スカイツリーツアーは終了です。長くなりましたが、少しでもスカイツリーの雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。私も、いつか450m地点の天望回廊をリベンジしたいと思います!!

[東京スカイツリー]

TVUPack [スターコミュニケーションズ株式会社]

(佐脇風里 / 写真:三浦一紀)