立っているのか座っているのか、未来の椅子の形(動画&ギャラリーあり)

シットダウンスタンディングスタイル。

デスクと椅子のセット。このワークステーションLocusは新スタイル。座ると立つの調度真ん中を実現したスタイル。寄りかかるって感じでしょうかね。デザインしたのはMartin Keen(マーティン・キーン)さん。元々は靴のデザイナーで、靴作りで学んだ履き心地の良さをそのまま椅子に応用しました。

1日中デスクワークをする人には、デスクと椅子との相性は死活問題。肩こりや腰痛、ひいては頭痛までもがこの相性にかかってきます。バランスボールに座るとか、はたまた立って仕事した方がいいとかいろいろな説がありますが、このワークステーションは全てを超越したものに思えます。動画を見るとわかりますが、この椅子固定されているわけではなく、ゆるく動くのですね。ここがポイントです。

お値段は、椅子650ドル(約5万1000円)デスク950ドル(約7万5000円)でございます。

20120524sittingstandingchair0120120524sittingstandingchair0220120524sittingstandingchair0320120524sittingstandingchair04

[Focal Upright Furniture]

そうこ(ANDREW LISZEWSKI 米版