お医者様「スキニーパンツは不健康です」

20120529skinnypants.jpg

オシャレってつらい。

スキニーパンツ、流行っておりますね。特に米国では、古くからロックスターやヒップスター、最近ではオシャレギークの象徴としてスキニー人気は不動のものと言っていいでしょう。しかしね、そのオシャレアイテムが、体を壊すもとになるかもしれないのです。

ネタ元のABCがグレーターバルチモアメディカルセンターのKaren Boyle(カレン・ボイル)医師にインタビューしたところによりますと、近年スキニージンズによる痛みに苦しむ女性のケースが増えているということです。

これはMeralgia Paresthetica(外側大腿皮神経炎)と呼ばれており、太ももの外側にある神経が圧迫を受けることが原因で起こる症状。太もも外側にヒリヒリチクチクする痛みやしびれを感じることがあります。ボイル医師によると、太ももだけでなく膝下の感覚がなくなるという酷いケースもあるのだそうです。特に女性は、ヒールを履くことでさらにこの症状に拍車をかけてしまうこともあります。

女性だけでなく男性も危険。スキニーパンツによってパンツ内の風通りが悪くなり熱がこもってしまうことも。睾丸は熱に弱く、あまり熱くなると精子の量が減ってしまいますよ。

ボイル医師は、同じスキニーパンツでもストレッチ素材のものにするようにと注意を呼びかけています。なにより、きついと感じたら1つ上のサイズを選ぶこと! 少しでも痛みやしびれを感じたらスキニーは禁止です。

脚の神経に一生消えない傷を追うことに比べたら、サイズアップなんてきっとなんでもないはずですよ。

[ABC]

Image: Onliska under Creative Commons license

そうこ(JAMIE CONDLIFFE 米版