パラシュートなしで地上732メートルからダイブした人間、世界で初めて無事着地(動画)

2012.05.31 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120530skydive.jpg


ぎええええええーーーーーーーーっ!
ちょっ、まじっ、危ない...っていうか何? バランス崩したら終わりなの?

地上732メートルの高さを飛ぶヘリコプターから、いきなり落ちてきたムササビ人間。あれ? これ落ち続けてますね。けっこうなスピードで。空から少女が降ってくるジブリ映画みたいな浮遊感とは無縁の迫力で。うーーわーーー落ちるーーーー! (ずどーん!)
 


さてさて、本日ご紹介する男性はイギリスのスタントマン、ゲイリー・コネリー(Gary Connery)さん42歳(!)。世界で初めてパラシュートを使わずにヘリから飛んで、しかも生き残った人間となりました。

...ってそれ、どんな挑戦だよ! 見てる方が怖いよ!(涙)

しかしこのムササビスーツ、実は意外と歴史あるフライング・ガジェットなんです。1997年にパトリック・ド・ガヤルドン(Patrick De Gayardon)さんというフランスのスカイダイバーが初期型を開発してからというもの、何年にも渡って改良が続けられているんですって。

残念ながらパトリックさんご本人はスーツの改良テスト時に事故で亡くなられてしまったそうですが、彼の意思を引き継いだ屈指のダイバーたちが、今もこうして挑戦を続けています。

このスカイダイブを果たしたゲイリーさんは、スイスとイタリアで数週間に渡る厳しいトレーニングを積み、トンビの飛行パターンを学んだりしながら操縦を会得。使いこなせるようになれば、このムササビスタイルで空中旋回や連続横転、急降下、方向転換といった操縦もできるそうです。

ときどき乱気流に飲まれそうになりながらも、確実に空を制していく様子が動画でも確認できますが、技術や体力だけでなく「どんな気流も乗りこなしてやる!」というタフな精神力も必要なのでしょうね。

己の限界をミニマルな装備に求めた男たちの夢。最後には一体どんな世界に到達するのでしょうか?



[Sky News via Reddit]

Rumi(Leslie Horn)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4863200676


remote-buy-jp2._V45733929.jpg