船首ってデカさじゃないぞ。次世代原子力空母ジェラルド・R・フォードの船首

2012.05.30 07:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120526nuke_supercarrier.jpg


滅多に見れないレアショット。

2015年よりニミッツ級に代わって就役する米海軍次世代原子力空母「ジェラルド・R・フォード(Gerald R. Ford)」の船首です。ななななんなんですか、この大きさは!

ジェームズ川がチェサピーク湾に注ぎ込む辺りにあるハンティントン・インガルズ社のニューポート・ニューズ造船所(米ヴァージニア州)で撮ったもの。

アメリカの航空母艦といえば最大の人工物のひとつで、僕も初めて見た時にはそのあまりの大きさに圧倒されましたが、いやぁ..。

新型空母は今のニミッツ級よりずっと効率も良く、航空機の動きに無駄が出ないよう、発着用甲板のレイアウトや構造も変えています。

甲板には電磁力航空発射システム(Electromagnetic Aircraft Launching System:EMALS)の電磁式カタパルトを4本置きました。アイランド(側面の管制塔)は小型化して船尾方向に押しやってます。
 

120526nuke_supercarrier_b.jpg


Press Release[Huntington Ingalls]
関連:3Dモデリング(動画)

JESUS DIAZ(原文/satomi)
 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4797354674


remote-buy-jp2._V45733929.jpg