ソニーが海外市場向け端末「Xperia acro S」と「Xperia Go/Xperia Advance」を正式発表(動画あり)

2012.05.31 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20120531peri00.jpg


防水防塵はもうお約束ですね。

ソニーが海外市場向けに新しいXperiaを2機種発表しました。順番に見ていきましょうか。


ハイスペックエリート「Xperia acro S」


20120531peri01.jpg


「Xperia acro S」は720pで4.3インチの大画面、1.5GhzデュアルコアCPU、Android4.0。そしてカメラは1210万画素と、納得のハイスペモデル。国内ですでに販売されている「Xprtia acro HD」をベースにマイナーバージョンアップという感じですね。

ただし、おさいふケータイやワンセグ、赤外線といった国内ニーズの高い機能は非搭載。この辺はグローバル向けの割り切り感を感じます。

ボディサイズは126.0×66.0×11.9mmで147g。バッテリー容量は1910mAhとかなり大きめですね。肝心の防水・防塵機能はIP55およびIP57準拠となっています。



 


コンパクトでしっかりさん「Xperia Go/Xperia Advance」

20120531peri02.jpg


Goがグローバル向け、Advanceが米国市場向けという位置づけですが、名前が違うだけで中身は一緒。こちらは480×320で3.5インチのコンパクトモデル。CPUは1.0Ghzのデュアルコア、Android2.3、カメラは504万画素でサブカメラ無し。
ボディサイズは111.0×60.3×9.8mmで110g。バッテリー容量は1305mAhとなっています。

スペック的にはacro Sには及びませんが、防水・防塵機能はIP67に準拠で、さらに気圧計センサーを内蔵。濡れた指でも操作できたり、ガラス面も耐キズ性に優れたものを採用しているようで、アウトドアで活躍しそうな予感!
AndroidOSも将来的に4.0へとバージョンアップできるらしいですよ。



個人的には外使いでの安全性を求めた「Xperia Go/Xperia Advance」が気になるところ。
国内版出しても需要あるかも?。あと、ほら。Goって名前がなんとなく、PSP goを彷彿とさせてリベンジ的な。


Xperia acro S[SONY]
Xperia Go/Advance[SONY]

(小暮ひさのり)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加