空港でX線検査したら4才の男の子のぬいぐるみの中から銃が!

120511gunstuffedmickey.jpg

アメリカの空港で行われるTSA(運輸安全庁)によるチェックが非常に厳しいというエピソードは今までも度々とりあげてきました。

「そんなにチェックする必要ないんじゃないの?」というようなお年寄りから赤ちゃんまで厳しくチェックされます。でもそれが今回はその姿勢が良かったみたいです。4才の子供が持っていたぬいぐるみから危険物が発見されたわけですから。

事件が起こったのは、ロードアイランド洲 T.F.グリーン空港 。4才の子供が持っていたクマウサギミッキーマウスのぬいぐるみの中に、口径0.40インチの銃のフレーム、銃弾の詰まった弾倉、撃針がそれぞれ隠されているのがX線検査で発覚しました。

120511gunstuffedmickey2.jpg

120511gunstuffedmickey3.jpg

同行していた父親は「どうしてそんな物が入ったのか全く分からないし、誰かが子供に頼んだとは考えられない。」と証言しました。ロードアイランド洲の空港警察のチーフ、レオ・メッシー(Leo Messie)さんはこれは「家庭内紛争」の一部だと捉え、父親と息子に搭乗を許可しました。

こういう事があると悪名高きTSAの意義を確認できますね。

[CNN , CBS]

Brian Barrett(原文/mio)