明るく撮る? それとも広角で撮る? 配信向けのウェブカメラ新作2機種

明るく撮る? それとも広角で撮る? 配信向けのウェブカメラ新作2機種 1

明るさvs広さ対決 勃発!

USTREAM、ニコニコ生放送、YouTubeLiveなどなど、最近ライブ配信サービスが人気を集めていますが、人気の放送を見ると、やっぱり画質が良いんですよね。いったいどんなカメラ使ってるんでしょうか?

この夏はそんな配信環境を羨まれちゃうかもしれない、高性能なウェブカメラが2つ、バッファローから続々と登場するようですよ。

F2.2の明るいレンズ BSW32KM03

明るく撮る? それとも広角で撮る? 配信向けのウェブカメラ新作2機種 2

「BSW32KM03」F2.2のガラスレンズを採用。一般的なWebカメラよりもかなり明るいレンズを採用し、画素数も320万画素とかなり高めなので、

暗めの室内でも綺麗に撮影できるのがポイントです。

マイクも内蔵しているため、ヘッドセット要らずでOK。自室配信にはピッタリかもしれませんね。

発売日は6月下旬で、お値段は直販サイトで4680円となっています。

120°の広角レンズ BSW20KM11BK

明るく撮る? それとも広角で撮る? 配信向けのウェブカメラ新作2機種 3

そしてもうひとつが「BSW20KM11BK」画角120°の広角ガラスレンズを搭載したモデルで、複数人を撮したい場合に有効なウェブカメラです。

こちらは会議の中継などみんなで入り交じった様子を広く撮りたい場合に有効かも。画素数は200万画素と控えめですが、圧倒的なこの画角は魅力的!

こちらもステレオマイクを内蔵しているので、本機だけで広く声を拾えるようですね。

発売日は7月下旬。お値段は直販サイトで6700円です。

さて、どちらを選びましょうかねぇ?

個人的には部屋が暗いから前者がいい気がするんですが、リビング配信もやってみたいから広角も捨てがたい!

ひょっとして......「両方」がジャスティス?

BSW32KM03[バッファロー]

BSW20KM11BK[バッファロー]

(小暮ひさのり)