エンジンなしでも懸命に飛ぼうとする廃車になったボーイング747

場所はカルフォルニア州モハーベ砂漠。ここには現役を退いた飛行機の墓場、廃車置き場があります。5月23日、この地方を低気圧がおそい、秒速30mの風が吹き荒れました。

すると、一機の飛行機が昔を懐かしむかのように、風を利用して飛ぼうとし始めたのです。飛行機からは4つのエンジンがすでにもぎ取られていましたが、それと同時に内部の椅子や設備も外されていて、身軽であったこともいい方向に働きました。空気力学の観点からすると、こういったことは十分に起こりうるそうですが、やっぱり747が今も尚、空を飛びたがっているように見えて、なんだか哀愁を感じます。

次の日の朝、飛行機は元々の駐車位置から45°傾いていました。懸命に努力するもちょっと躯体を傾けることしかできなかったんですね。

この低気圧は多くの屋根をはがし、停電を引き起こしたそうです。もしも飛行機が飛んでいたら、また被害が大きくなっていただろうことを考えると、これで良かったんですよね。

[Extracrew]

mio( Jesus Diaz 米版