[ #WWDC2012 ]やっぱりキタ! アップル独自の地図が登場

2012.06.12 04:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20120612applemaps.jpg


噂通りでしたね。

予想された通り、アップルが独自の地図を発表しました。Google Mapsでもない、OpenStreetMapでもない、リンゴマーク地図の登場です。簡単まとめでチェックしていきましょう。

 

ナビシステム

 
アップル独自地図、iOS 6での最も注目すべき機能はやはり、ターンバイターンナビゲーションシステム。Siriの音声ガイドつき。米国人気口コミサイトYelpや交通情報との連携で、移動中の最新ルートを教えてくれます。

 

3D機能

 
Flyoverという3D機能が搭載。全世界の街を3Dモデル画像で見ることができます。買収したC3 Technologiesの技術がここで大きくいかされることになりました。

 
20120612applemaps01.jpg

 
アップル地図は全てベクターグラフィック。レビューやランキング等の機能もついています。ここは2009年に買収したPlacebaseの力でしょうか。

 
20120612applemaps02.jpg

 
アップルがグーグルからどんどん離れていきます。独自地図は大きなステップ。Google Maps使用をやめるらしという噂がたったのはほんの1ヶ月程前。2009年のPlacebase買収、2010年のPoly9買収、そして2011年のC3Technologies買収。数年の買収劇を経て、ついに登場です。
現段階で最も大きなGoogle Mapsとの差は、やはりストリートビューでしょう。グーグルはここにますます力を入れています。

地図、それはIT界の新しい戦場。

 
Images courtesy GDGT and Ars Technica

そうこ(KYLE WAGNER 米版
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア