かなり瀬戸際に追い詰められてるBlackBerryの今後はどうなる?

2012.06.13 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120612blackberryfire.jpg


起死回生の一発を放てるか...

今週のアップルWWDCの盛り上がりようを、なんともうらやましそうな目で眺めているメーカーがあるとすれば、その筆頭には、あのBlackBerryで知られるRIMが挙げられるのではないでしょうか。実は少し前にはRIMも、新たな期待のプラットフォーム「BlackBerry 10」を華々しく披露したはずが、ほとんど大きな注目を集めることなく、すでに世間はスルー気味という厳しい反響を経験したんですよね。

一時はスマートフォンといえばBlackBerryと呼ばれて一世を風靡する存在だったはずなのに、とうとう最新のIDCによる調査データでは、世界のスマートフォン市場シェアの6.4%を占めるのみとなってしまったことが明らかにされています。そして極めつけは先月末の時点で、なんとBlackBerryのスマートフォンや「PlayBook」タブレットの売れ残った在庫総額が10億ドルを突破してしまいましたよ。ありゃま、この危機的な事態を打開すべく、RIMは大幅なリストラやら新事業計画やらを打ち出してもいるようですが、なかなか株式市場では厳しい評価が続いていますね。

今年後半には頼みの綱のBlackBerry 10による復活劇を期待したいところではあるのですが、各所で身売り話が囁かれるなど、非常に状況は厳しそうです。あの名門Palmのように、いつの間にかBlackBerryまで姿を消してしまうなんて最悪の展開だけは避けてほしいですし、なんとかしてiPhoneやAndroidも驚く勢いを取り戻してほしいものですね~。


Bloomberg via Business Insider

Kyle Wagner(米版/湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B005IPL4BG


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

4844331760


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

特別企画

そして彼女はこう言った。「スマホをもっと安くしたい」

PR

You've Got Mail. ある日、一通のメールが届いた。送り主は、ギズモードの兄妹サイトである「Glitty」女性編集部員、常岡さん。 「突然すいません。三浦さんに折り入ってご相談したいこと...
続きを読む»