誰が見ているかわからないインターネット。Facebookから不適切なポストだけを集めて再ポストするサイトこわい

誰が見ているかわからないインターネット。Facebookから不適切なポストだけを集めて再ポストするサイトこわい 1

バカ発見機なんて言われるのはTwitterだけじゃない。

ネットのモラルがリテラシーがと言いますが、まだまだです。誰が見てるかわからないネットの世界をプライベート感覚で使い、自分の情報をどんどん流してしまうユーザーのまだまだ多いこと。そんなユーザーにインターネットをわかってもらうためになのかなんなのかはわかりませんが、こんなサイトがあります。WeKnowWhatYoureDoing.comです。

Facebookの複雑なプライバシー設定を放棄し、だだ流しにしているユーザーのポストを拾ってきて分類分けして表示。分類には、例えば「仕事クビになった人」とか「二日酔いの人」とか「上司がムカツク人」とか「葉っぱ吸ってる人」とか「電話番号さらしてる人」があるのですが、どれもこれもあまり広く知られて欲しくないものばかり。もし、上司見てたらどうすんの? もし学校関係者が見てたらどうすんの? とまぁ、そういうわけです。

さて、サイト開発者はこのサイトを作ったきっかけをこう語っています。

「正しく使われれば、プライバシーに関してFacebookに問題があるわけではない。設定はなかなかよくできている。問題は、全部共有してしまうことのリスクを理解しない人達の方にある」

誰が見てるかわからない。

それがインターネット。

[We know what you're doing via BetaBeat]

そうこ(米版