WWDCに先制! Googleマップ緊急記者会見で披露された3つの新兵器

WWDCに先制! Googleマップ緊急記者会見で披露された3つの新兵器 1

「WWDCでアップルが独自の3Dな地図サービスをモバイル向けに打ち出すみたいよ?」

「ひゃーiOSのデフォがGoogleマップじゃなくなったらグーグル大打撃!」

という噂の高まりを受けてグーグルが6日(米時間)、地図の記者イベントを緊急で開き、グーグルの地図はこんな素晴らしい取り組みをやってんだよ、という辺りをたっぷり披露しました。以下が発表になった要点です。

 

 

1. 3Dなら昔からやってんだぜ。空撮専用の飛行隊も持ってる!

グーグルにはなんと飛行隊(グーグル所有機+専属契約機)がいて、街の頭上をビュンビュン何度も飛び交いながら45度の角度から直接激写してるんだそうですよ? この空撮の写真と衛星からの写真をドッキングして3Dモデルを作成するんですね~ひゃ~専用機軍団!

 

2. モバイル地図はオフラインでも使える!

目的地の情報を予めダウンロードできるので、接続がつながらない場所でも地図が見れるように! 「make available offline」というボタンを押すと容量が表示されDL開始。コンパス内蔵なら3GやWiFiが届かない場所でも道順を教えてくれるんですねー。日付けは不明ですが、近日公開とのこと(日本では対応未定です)。とりあえずAndroid版Googleマップだけですが、全プラットフォームに入れるよう「全力を尽くしてる」そうです。

  

3. 背中にストリートビューカメラ

WWDCに先制! Googleマップ緊急記者会見で披露された3つの新兵器 2

 

どんな小道もこれなら撮れる! 車、三輪車、自転車、スノーモービル、リヤカーと守備範囲を拡大してきたストリートビューカメラがついにバックパックにマウントされました。発表ではGoogleストリートビューを20%の自由時間プロジェクトで始めたラック・ヴィンセントさん(上)が自ら背負ってその熱き思いを語りましたよ。あなたの街角にもそのうち...

 

WWDCに先制! Googleマップ緊急記者会見で披露された3つの新兵器 3

 

もちろん質疑応答はアップルについての質問一色でしたが、地図部門総括のブライアン・マクレンドン氏はGoogle Mapがいかに素晴らしいか強調することに終始しました。WWDCでは果たして思いとどまってもらえるんでしょうか。

 

KYLE WAGNER, MAT HONAN(原文1, 2, 3/satomi)