【ギズ大胆お勧め】今週発表された新しいMacBookでベストなカスタマイズはこの組み合わせ。

120614mbpmvp.jpg

その手があったか...

今週は頭からアップルWWDCがあって、なかなか感動的な発表の数々でしたけど、もう速攻でMacBookの新モデルを買っちゃったよって方もおられるでしょうかね。いや、すごく欲しいんだけど、まだどれにしようか決めかねてるというギズ読者の皆さまに向けまして、米GIZMODO編集チームからベストな選択肢をご紹介いたしましょう。

よほどのパワーユーザーじゃなければ、基本的には、わざわざ「MacBook Pro」なんて選ばなくても、デュアルコアのIvy Bridgeプロセッサーを搭載して、メモリーも8GBのRAMを装備した新しい「MacBook Air」で十分に大抵のことをこなせるのでは? そういう意見も強いんですが、やっぱり今回登場した超美しいRetinaディスプレイモデルのMacBook Proは買いたいよねという方には、以下の組み合わせこそが最もコストパフォーマンス的にいい感じのようですよ!

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

2.3GHzクアッドコアIntel Core i7

16GB RAM

256GB SSD

20万2400円

とにかく安くで買いたいって方向けには、最小構成モデルで18万4800円からお得に購入できるようになってはいますけど、せっかくなのでメモリーだけは8GBから16GBのRAMへとカスタマイズして容量アップしておきましょう。初期投資額が1万7600円上がるだけでメモリー倍増とは、お金をかける価値が十分にあるのではないでしょうか。逆にSSDの容量が256GBというのは心もとないように思えるかもしれませんけど、これを768GBまでアップさせたいがためだけに上位機種を選ぶ意味は、なんでもクラウドに保存して使いやすくなったこのご時世ですし、それほど重視しなくてもいいのではって考え方ですね。

ちなみにどんなに急いでオーダーしても、なかなかMacBook Pro Retinaディスプレイモデルは手に入りにくくなっていて、7月半ばまでは待たされる可能性が大ですよ。この際、お金を惜しまず、ドドンと最も豪勢なスペックのモデルにしてみるっていうのもアリみたいですけどね。

Kyle Wagner(米版/湯木進悟)