驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり)

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 1

これ、実物見たら欲しくなっちゃいますよ。

とうとう出ましたRetinaディスプレイを搭載した最初のMac。WWDCの基調講演では「Next Generation MacBook Pro」とも紹介されたMacBook Pro Retinaディスプレイモデル。販売もおとといから開始されましたが、まだまだ在庫の余裕はないようで、オンラインのアップルストアでも今からの注文だと出荷予定日が3〜4週間と、今すぐポチったとしても手元にくるのはだいぶ先...。アップルストアを含む街のお店にもほとんど在庫ゼロという話を聞きますね。

そんなまだ希少な存在であるMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを銀座のアップルストアで見て、さわって、体感してきました。さすがに混んでいて実機をさわるまでは、順番待ちになりました。ムズムズしちゃってる方はこれを見てもっとムズムズしちゃってください。

 

まずは動画をご覧ください。自慢のRetinaディスプレイはシステム環境設定から、Retinaディスプレイに最適化された設定で使うか、ドットバイドットで表示するか切り替えることができます。ラップトップで2880×1800ピクセルって贅沢すぎますよね、ほんと。初Retinaギズも見てみました。フォントがすっごくくっきりしていて、新しいiPadで見ているような感覚になります。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 2

ディスプレイの鮮やかさも際立って見えました。一つひとつの色がきれいに見える、という感じでしょうか。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 3

手前がRetinaディスプレイモデル、奥がふつうのMacBook Proのディスプレイです。並べてしまうと違いが一目瞭然です。iPhotoで同じ写真を表示して見比べてみると、同じ写真なのに、Retinaディスプレイモデルの方は、写真に写ったものの立体感も際立って見えました。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 4

こちらも同じく。昨日の段階でアップルストア銀座では、入り口正面のテーブル、向かって右側3台がRetinaディスプレイモデル、左側がふつうのMacBook Proになっていましたよ。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 5

重さは2.02kg。持ってみた感じは、ふつうの15インチMacBook Proより明らかに軽かったです。さすがにMacBook Airと比べるとずっしり来る感覚がありました。ちなみにふつうの15インチMacBook Proの重さは2.56kg。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 6

薄いから持ちやすさもありましたし、バッグに入れるときも便利そうに思いました。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 7

ぐるりと見ていきましょう。本体側面、右側です。手前から、SDXCカードスロット、HDMIポート、USB3ポート。HDMIがMacBook Proに初搭載。USBも2.0から3.0になっています。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 8

こちらは左側。手前から、ヘッドフォンポート、USB3ポート、Thunderboltポート×2、MagSafe 2電源ポート。FireWireのポートはありません。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 9

側面にある通気口。ここから吸気して新設計のファンへ。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 10

本体、裏側。上部に見えるMacBook Proの文字は、従来ディスプレイ下にあったものが、

ここに移りました。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 11

キーボード右上。これまでキーボードとは別に独立していた電源ボタンが、MacBook Airと同じようにキーボードのキーになりました。

驚く美しさが目の前に。RetinaディスプレイのMacBook Proをアップルストア銀座でみてきた(動画あり) 12

さわった感じだと、これが次世代のMacであることは間違いなさそうです。IntelのCPUを採用した2006年の最初のIntel MacとなったMacBook Proのときのような、なにかあたらしい時代が来たなぁという感覚がありますね。

Retinaディスプレイのきれいさは、やはり今までとは違う体験をもたらしてくれます。ディスプレイに映る文字のくっきりさは、慣れないうちは新しいiPadで見ているような、少し変な感覚になりそうなくらい、本当に美しいです。

初物には目がないアップルファンの方や、あたらしもの好きな方だけでなく、あたらしいMacやPCを検討している方全員に、いや、検討していなくても、いちどこのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを体験してみることを、おすすめしますよ。Stocker.jpさんによると、渋谷のアップルストアでも6月15日(金)から展示がはじまるそうです。

(鈴木康太)