超必見! 出産時の胎内を撮った世界初のMRI映像(動画あり)

2012.06.28 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120626MRI_birth.jpg


これは外から見た出産ビデオじゃ絶対わからない!

2010年暮れに世界で初めて出産のMRI画像を発表したベルリンの大学の医師団から、待望の映像バージョンが公開になりました。

一番下に貼ったのがそれ。New Scientistはこう映像作成法を紹介してます。

映像には出産の第2段階で、母親が胎児を外に押し出そうとする様子が写っている。体の同じ断面の画像を繰り返し撮ってからひとつにまとめ、超精密な映像にする「シネマティックMRI」という技法で生成したものだ。

撮った目的は、産道を通るとき、胎児の動きとポジション(胎位・胎向・胎勢)の間にどういう関連があるか解明すること。これがわかれば医師も出産分娩中の異常に的確に対処することができるというわけですね。

まあ、門外漢の我々はただひたすら人体の仕組みの巧みさ、生命の神秘に圧倒され平伏すばかりですが。
 


グルグル降りてきて最後の関門に押し戻される胎児。そんな狭いところさすがにムリでしょう...と思って眺めてると、胎児は目をキッと剥いて(いや、MRIの都合上ですけどね)体勢を整え、やおら頭を回して...おおおおおお! 生命の神秘ですのお。


[American Journal of Obstetrics & Gynecologyn via New Scientist]

JAMIE CONDLIFFE(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B0034GMCSK


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア