ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。

Sponsored

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 1

節電の夏がまたやって来ます。

7月1日からは電気料金の値上げもあるし、節電できるに越したことはないのはわかっているんですが、ガジェット好きとしてはなかなか踏み切れないというのも事実で。でも、PCやスマホを使わない生活はちょっとむずかしいけど、生活家電での節電ならムリすればできるかも...ということで、ギズモード編集部で節電にチャレンジしてみました。

ギズモード編集部による若干ムリのある節電の仮想敵国は、パナソニックのエコナビ搭載家電たち。「ムリのない節電」がウリのようですが、そんなのなんぼのもんじゃい!という意気込みでやったりますよ。

冷蔵庫でムリする

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 2

編集部にあった冷蔵庫は2003年のモデルということでもうすぐ10年選手。今時の冷蔵庫と比べればエコ性能はあまり高くありません。そこで少しでも節電しようと、温度調節してみました。

だいたいこの温度調節のスイッチって冷蔵庫の奥の方に付いていて、非常に面倒です。結果、いろいろ冷蔵庫内のものを取り出すはめに。

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 3

カチカチバタン、カチカチバタン、カチカチバタン...

しかも、こまめに設定を変えようとすると扉を開けっ放しな時間が長くなってしまう。これって全然エコじゃないですね。。

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 4

一方のエコナビ搭載冷蔵庫。これなら生活パターンを曜日単位・時間単位で記憶して冷蔵庫内の温度を自動でコントロールしてくれるとか。さらに、照明センサーも備えていて、部屋のあかりが消えたら自動で節電してくれます。もう、わざわざ開けて強弱強弱とスイッチを切り替える必要がないってことですか。やるなぁ。

手洗いでムリする

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 5

食器洗い乾燥機ってお金持ちの人の家にあるやつですよね。僕は手洗いで十分ですし、そのほうがエコです。

...そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。でも、そもそも節水という観点からいうと手洗いよりも食器洗い乾燥機のほうがエコらしいですよ。こちらのデータによれば、手洗いの使用水量は約82.6リットル。対してエコナビ搭載の食器洗い乾燥機では約9.0リットルと、実に1/9以上の節水ができるんですって。

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 6

しかもエコナビ搭載の食器洗い乾燥機なら食器の汚れ具合や食器の量によって最適な洗い方を自動で判断。また、水温・室温に合わせて洗いから乾燥までのムダを抑えつつ、時間も短縮できる機能も搭載しています。ちょっと食洗機をあなどってましたが、その進化はとどまるところを知らない感じです。

エアコンなしでムリする

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 7

エアコンを使用せずにガマンしてみました。この日は梅雨の晴れ間で湿度が高め。かなりジメジメしていて非常に不快な感じでした。うちわをあおぎながらじゃタイピングはできないし、だんだんイライラがつのってきます。

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 8

ちょっと見にくいかもしれませんが、パームレスト部分も汗でびっちょりいっちゃってます。これはマズイ。いくら節電のためとはいえ、大切なガジェットを壊すわけにはいきません

ムリな節電をしてみたら、いたれりつくせりな「エコナビ」製品が欲しくなった。 9

エコナビ搭載エアコンなら、人の居場所や活動量、日当たりまで見分けてムダなパワーをセーブ。さらに、ロングワイド気流で部屋の狙ったエリアまで届くので、すみずみまで快適にしてくれるらしいです。

と、ここまで見てきてわかるのは、エコナビは別に特別な操作とかいらない、ってことです。それに対して、自分といえばムリした上にそれほどエコでもない始末。。意識せずに節電ができる、つまり家電が勝手に節電してくれるエコナビの威力を思い知りました。

あ、そうそう。兄弟メディアのライフハッカーではエコナビを人力で再現しようと挑戦してるみたいですよ。こちらもどうぞ。

パナソニック エコナビ

(松葉信彦)