コワモテな人ほど実は優しい!?

コワモテな人ほど実は優しい!? 1

人は見かけによらないっていうけど。

こんな研究結果が出たそうですよ。「コワモテだったり、攻撃的な見た目の男性ほど、実際は優しくて身近な人達への献身愛が強い」んだそうです。

これは、スコットランドのセント・アンドリュース大学(St Andrews University)心理学者2人が、顔の形の違いと寛大さについて調査し、Psychological Scienceで発表したものなんです。

過去にも多くの研究者達が、人間の顔の高さ幅比と反社会的な行動には、相互関係があるというテーマで研究をしてきたのですが、いずれも、顔の幅が広いタフな感じの人ほど、犯罪を犯したり、骨の髄まで悪い振る舞いをする傾向にあるという結論にいたっていたそうです。

けれど、この新しい研究によると、こういうタイプの顔の人は、仲間内では寛大で、家族や友人関係において、顔が細めの人よりも他のメンバーのために自己を犠牲にする傾向が強いという研究結果が出たそうです。同時に、それだけじゃなく、グループの幸福の方が自分達個人の幸せよりも価値があると考えるそうです。

この調査結果をふまえ、研究者達は今回の調査結果には進化的意味があると主張しています。グループの幸せのためなら、自己を犠牲にして献身的になるので、他のグループとの競争が発生した時、ゴツイ顔の人は自分のチームの人達を守ったり、勝利に導くためにグループの中で一番攻撃的な人になる事が多いそうです。なので、攻撃的なのか否かは、その人とどう関わっているか? ポジションングによって違うんですね。ある意味優しいし、ある意味めちゃめちゃ攻撃的...。ちょっと損しちゃうタイプなのかも!?

でも、確かに怖そうだけどハートが温かい~って人、周りにいたりしますよね?

[Psychological Science via Daily Mail]

Image: Thinkstock

-Jamie Condliffe(原文/junjun )